復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

tanuさんのページ

一年余り前から古代史を調べ始め、ようやく最近の研究課題に近づいて来たように思います。戦後70年を過ぎて近現代史の歴史教育の欠落した危機的な社会的状況下、その隠され曲げられた維新史がネット社会の急発展により多様な個人的研究のアプローチを可能にし、その国民的な自覚に幾ばくかの道を開いたといえます。古代史研究においても口承による伝承記録の採録が相次ぎ、今を置いて再び陽の目を見ることが困難な時間経過に採録資料の出版・復刊は欠かせない歴史遺産の継承事業だと考えます。この事も国家による教育支配という過去現在の呪縛から解かれ、国民的な自覚に幾ばくかの道を歩むための自立の出発点だと自問自答します。71歳男性

もっと見る

復刊リクエスト投票

  • 日本のユダヤ人政策1931-1945 外交史料館文書「ユダヤ人問題」から

    【著者】阪東宏

    戦前日本のユダヤ人政策は海外外交機関軍部諜報機関等様々な情報収集と分析により決定していたと見られる反面、全体的な大陸政策など今日的には必ずしも充分なデータを元にその政策が検証研究されて国民的な理解に至っているとは言い難い。
    そのために大陸侵攻政策や戦争遂行を一部擁護するような主張を生み、逆にそうして敗戦にまで至らねばならなかった国家、政治、民族・民俗性といった国民自身の自己認識の機会を相変わらず国民は、他人任せ、無関心、無責任なまま放置した自己中心主義にある。
    戦争遂行した国家を生きた祖父母達の歴史を背後から知るためにも、必要な復刊だと思います。(2019/01/06)
  • 復原された古事記

    【著者】前波仲尾

    古代史研究に欠かせない資料だからだけでなく、どうしても読みたい。(2017/02/08)

T-POINT 貯まる!使える!