復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

esztergomさんのページ

esztergomさん

復刊リクエスト投票

  • 明治国家と近代美術

    【著者】佐藤道信

    「日本と欧米先進国では『アート』の意味するものが違うのではないか?」これが目下の私の疑問。我が国ではファイン・アートとヴィジュアル・デザインをとり違えているので、作品はそのコンセプトではなく意匠のみで鑑賞・評価される傾向が強い。これは絵画だけでなく、どのような形式の作品にも言える。(インスタレーションやメディア・アートであっても。なんとコンセプチュアル・アートでさえも!)問題の起源は、幕末~明治期に『美術』が技術(芸)の一つとして矮小化されて(またはネジれて)輸入された事に端を発するらしい。「欧米並みの文化国へ」という劣等感と威信が背中合わせの明治政府が主導した文化&制度の輸入作戦。現在も習慣として残る美術団体や『美術館』という観念(デパート最上階の美術館や、有名人の〇〇美術館も含め)にどのような影響を与えたのか?『日本美術』が歴史を遡って規定され、後年へのレールが敷設されたこの時代を知ることが、現代のアートを考え直すスリリングな作業となる。日本のアートがガラパゴってる理由がこの本を読めば分かるような気がする。(2016/02/28)
  • 森雅之―知性の愁い、官能の惑わし

    【著者】田中 眞澄 (編集), 永井 正敏 (編集), 阿部 嘉昭 (編集), 佐藤 千広 (編集)

    日本映画の黄金期を支えた名優。名作・名演技・名シーンは数えきれない。海外で知られたせいか三船には日が当たるのに森は・・・。古本は高価で買えません。ヴァージョンアップで復刊されたら、泣く。(2014/10/20)
  • パキスタン独立

    【著者】アーイシャ ジャラール

    大英帝国が植民地支配していた広大なインド亜大陸地域。紆余曲折の末、現在のような国境線ができあがりました。日本人のメンタリティーを語るうえで太平洋戦争の敗戦が重要なファクターであるのと同様に、インド・パキスタン人の心情を知るには、分離独立とその過程を知る必要があるのです。(2014/10/20)
  • マインズ・アイ―コンピュータ時代の「心」と「私」 上下巻

    【著者】ダグラス・R.ホフスタッター/D.C.デネット編著 坂本百大監訳

    あのボリュームのGEBがベストセラーになったくらいだから、この本だって売り方次第でしょう。日本人はこういうジャンルの枠を乗り越える本をもっと読むべきだと思う。(2014/10/20)

T-POINT 貯まる!使える!