復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

るいこさんのページ

るいこです。リクエスト文は読みやすさに気をつけています。リクエストを送った本の復刊が楽しみです。

復刊リクエスト投票

  • ガラス山の魔女たち

    【著者】エルナー・エステス

    ずっと探していた本です。小学生の頃に読んだはずですが、題名どころか借りたものなのか買ったものなのか、一回読んだだけなのか何回も読んだのかも覚えていませんでした。それでも大好きだったのは確かなので「魔女」「蜂」「高いところ」という風に漠然すぎるイメージのみで探し続けてきました。今回たまたまこちらのサイトのランキングで目にしたのは幸運でしたが、それは同時に入手困難なことを示すわけでなんともいえない気持ちです。挿絵を確認しましたがやはり探していたものに間違いないようです。これはもうなんとしてでも元のまま復刊していただきたいです。この名作が絶版なんて悲劇です。(2015/01/22)
  • メイシーちゃんのおうち

    【著者】ルーシー・ガズンズ

    この仕掛け絵本は、とてもよく出来ていて(トイレットペーパーを引き出せたりするんです)見た目も可愛いです。小さい頃は夢中になっていました。成長するにつれ遊ぶこともなくなりましたが、久しぶりに開いてみたところかなり痛んでいて付属品もほとんどなくなっていることが分かりました。コレクションとして持っておきたい出来なので新しく購入しようと考えましたが、今見かけるものは中古ばかりです。中古だと付属品が足りないことが多いですし、プレゼントにも向きません。メイシーちゃんのおうちは小さいこども用のクリスマスプレゼントにぴったりだと思うのですが…。というわけで復刊を熱望します。
    ちなみに、シリーズの続きである「メイシーちゃんのあたらしいおうち」は現在も新品を購入できますが一階建てのこちらのほうが遊びやすいので、やはりこちらの「メイシーちゃんのおうち」をぜひ復刊していただきたいです。(2015/01/22)
  • ぺこぺこ

    【著者】佐野洋子

    私は一冊所持していますが、愉快でお気に入りです。ぜひ復刊していただいて、新しい読者に出会って欲しい絵本です。復刊したら、友人にプレゼントしたいです。(2015/01/22)
  • うるんが?うるんが?

    【著者】谷川俊太郎、栗村江利

    復刊を希望する理由は、ただ大好きな本だからです。母が大好きだった絵本で、私も子供の頃に大好きになりました。手元にあるのは母のものだったのでもう何回も何回も読まれてボロボロになっています。ぜひ復刊して、新たな読者に出会って欲しい絵本です。復刊の暁には私も新しく購入したいと思います。(2015/01/22)
  • ねぼすけスーザシリーズ

    【著者】広野多珂子

    このシリーズは何冊も持っていますが、「ねぼすけスーザのおかいもの」が一番好きです。可愛らしい絵ですし、ものづくり好きとしては新しく生まれ変わった椅子の絵にわくわくします。お話は、いつもはねぼすけなスーザが一人でちゃんと早起きして出かけて行きます。町についたスーザは市場でいろんなものに眼を奪われつつも財布の紐をしっかりと握って、マリアおばさんのためにぴったりの誕生日プレゼントを探すのです。目当てのものが高すぎて買えなくても諦めないスーザのひたむきさがいいです。市場の絵はリアルで、ろばのサンチェスにも惹かれます。最後のページの文はこれこそ絵本というユーモアがあります。
    復刊して新しい読者に出会って欲しい絵本です。(2015/01/22)

もっと見る

レビュー

  • ぺこぺこ

    佐野洋子

    お気に入りです

    佐野洋子さんの絵本が好きです。「百万回生きた猫」は名作ですが、私は「だってだってのおばあさん」「ねこいるといいなあ」そしてこの「ぺこぺこ」なんかが特に好きです。佐野洋子さんの仏頂面なユーモアがおかしくて愛らしいです。そしてこの「ぺこぺこ」は特にその仏頂面かげんがいたるところに出ています。〈あなたってすてき、ふんだ〉といってキスをするお妃さまが絵本で見られるなんて!くすくす笑いながら読めます。あ、お妃さまがキスをしたり、隣の王様が威張って「わがくにはせんそうがせかいいちうまいのだ」と言うからといって子供向きでないというわけではないですよ。確か佐野洋子さんも生前、絵本を大人のために書いたことはないとおっしゃっていましたし、そもそもこの話は「おとうさん、おはなしして」と頼まれて話し出すところから始まりますから。(ちなみに佐野洋子さん作の「おとうさんおはなしして」という児童書もあります)絵もカラフルでのびのびしていて楽しいです。そうくるか!の連続のこの話。こどもに読み聞かせるには少し長いかもしれませんが、少しずつ読んで寝る前のお楽しみにすると楽しめます。私が将来母親になった時は、読んであげたい絵本です。(2015/01/22)

  • うるんが?うるんが?

    谷川俊太郎、栗村江利

    一番好きかもしれないです。

    「てがみてがみおかしなてがみ」「どこからきたのかだれからきたのかわからない」と繰り返されるところがたまらないです。うるんがからのおかしな手紙は大きな貝殻やとんぼのはねや、しらかばのかわだったりします。そしてそこには《まこちゃんのゆめをまいばんみます》とか《まこちゃんのみみはとってもすてき》なあんて書いてあるんです。こんなに直球な愛の告白してもらえることなんて中々ないですよね。最後に届く手紙はなんと、とーすとぱん!そこには《おたずねします あすのあさ うるんが》とあるのです。さて、明日の朝訪ねてくるのはいったい…?まさに「うるんが?うるんが? いったい だれだ」ですね。
    カバーにある説明「うるんがからのおかしなてがみ。うるんが?うるんが?だれだろう?うるんが?うるんが?どこからくるの?えをよーくみると、わかってくるよ。」の通り、絵に仕掛けがあるので観察してみると面白いです。(2015/01/22)

T-POINT 貯まる!使える!