復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

take33746さんのページ

復刊リクエスト投票

  • 耳から覚える耳タン中国語〈単語〉初中級/中検3級レベル

    【著者】楊達, 南勇

    この本の初級用のものを使っています。3級レベルはまだまだ先だと思っていたら絶版になってしまいました。学研さんに問い合わせて「何の予定もありません」との回答しか得られません。

    このシリーズのCDはとても使いやすいです。単語だけでなく例文の意味も収録されている本はほかにありません。

    私みたいに通勤中に聞いて覚えるタイプの学習者には正に絶対唯一の本だと思います。

    是非とも復刊していただければ幸いです。(2019/11/14)
  • ピクウィック・クラブ 上・中・下 全三巻

    【著者】C・ディケンズ (チャールズ・ディケンズ)

    ディケンズの代表作なのに絶版なのは非常に残念です。

    先日、中1になった娘が映画のなかでポワロがディケンズを読んで爆笑しているシーンを観て、ディケンズに興味を持つようになりました。

    私の記憶では、ディケンズの作品はユーモアに富んでいますが、爆笑するほどのシーンはなかったので、ポワロの性格じゃないと答えましたが、もしかしたら「面白い」と絶賛されつづけているピクウィックならと思い読みたいと思うようになりました。

    なお、電子書籍では出ているようですが、娘が学校に持っていって読めるわけではないので却下です。(2018/05/13)
  • サガ選集

    【著者】日本アイスランド学会

    以前、阿部謹也先生の「西洋中世の罪と罰」だったと思いますが、アイスランド・サガに触れられているのを読んで、大変興味がわきました。

    たまたま、思い出して書籍を探したのですが、残念ながら絶版ばかりで入手できそうにありません。

    ということで、是非復刊のほどお願い申しあげます。(2012/09/13)
  • 日本の犬と狼

    【著者】斎藤弘吉

    ニホンオオカミのことを調べている内に、この本を読まなければならないと思いました。

    ニホンオオカミの標本は、長い間国内には存在しないとされてきましたが、実際には「やまいぬ」という当時の名前で科学博物館内に保存されていました。

    要するに、ニホンオオカミが実在した時代の名前と、絶滅後の名前が違っていたために、学者たちは、それがニホンオオカミの標本だとは気がついていなかったのです。

    このニホンオオカミの標本の再発見にも斎藤氏がからんでいます。

    現在ニホンオオカミに関する議論は、メディアの影響もあってか、あらぬ方向に行ってしまっています。

    その軌道修正をするためにも、「日本の犬と狼」は重要な資料になると思われます。(2011/02/28)
  • ニホンオオカミを追う

    【著者】世古孜

    今日、図書館で借りてきて読んでいるところです。
    猟師の目から観たオオカミや猟犬に関する洞察、オオカミ混じり犬について、など大変有益な情報です。
    是非、復刊を希望します。(2011/01/30)

もっと見る

レビュー

  • 江戸の科学 大図鑑

    太田浩司 勝盛典子 酒井シヅ 鈴木一義 監修

    科博の図録より数段良い

    以前、上野の科学博物館で江戸の医学の企画展があった。
    信じられないくらい充実した展示だったが、その良さが図録には表現されておらず大変残念に思った。

    本書はその図録より数段すばらしい。
    もちろん、医学だけでなく科学全般にわたって実にすばらしい出来である。
    科博の図録に同じ感想をお持ちの方なら、きっとお分かりいただけると思う。(2016/06/05)

T-POINT 貯まる!使える!