1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『エクソダス(栄光への脱出) 全2巻(リーオン(レオン)・ユリス)』 投票ページ

エクソダス(栄光への脱出) 全2巻

  • 著者:リーオン(レオン)・ユリス
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/04/02
  • 復刊リクエスト番号:8839

得票数
121票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1946年。アメリカ人看護婦のキティはキプロス島のユダヤ人収容所で、いろいろな過去を持つユダヤ人たちと出会う。彼らは収容所からの脱出を計画していた。
歴史年表付き。
犬養道子:訳


投票コメント

母から是非読んでおけと薦められました。 現在も解決していない問題を見つめる糸口として、今こそ触れておきたい本です。 こういった名著が絶版になってしまうのはとても惜しいと思うので、復刊を希望します。 (2014/05/05)

1

映画の壮大なテーマ曲は前から好きだったが、内容はモーゼの出エジプト記とずっと勘違いしており、比較的現代の話である事、原作がある事を、恥ずかしながらつい最近知った。イスラエル=アラブ紛争の起源を描いた話として、非常にそそられる。ぜひ読んでみたいが、図書館にもないので復刊を希望する。 (2010/04/25)

1

「エクソダス」は 自分の大切に想っている人が愛読した作品であるということを知った時以来 ずっと読みたいと思っていた作品です。 今回 この復刊リクエストにエントリーされているばかりか 既に交渉段階まできていることを知り 遅ればせながら一票投票させていただきました。 内容は勿論 ページ数的にも大作との事ですので 図書館で借りて 期限を気にしながら読むのではなく 是非入手して 色々な想いを噛み締めながら 大切に大切に読みたいと思いますので 是非復刊して下さい。 (2003/06/06)

1

35年前の高校の時読み、涙なくしては読むことが出来ませんでした。 感受性豊な若さゆえだったのか、としを重ねた今、もう一度読み返し、今の年齢では何を感じるか確認したい。神に選ばれた民ユダヤ人の今の現状を少しでも理解したいので。絶対に復刻を願う。 (2003/05/16)

1

興味をもったきっかけは勿論「あの作品」です。ホロコーストの 頃を書かれたは沢山ありますが、現イスラエル建国をあつかった 小説というのはあまり他に例をみないのではないでしょうか。是 非とも読んでみたいです。 (2003/02/15)

1

もっと見る

新着投票コメント

読みたいから。 (2017/03/13)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/05/12
『エクソダス(栄光への脱出) 全2巻』が規定数に到達しました。
2002/04/02
『エクソダス(栄光への脱出) 全2巻』(リーオン(レオン)・ユリス)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2009/07/14
「ルクレツィア・ボルジア」「『武田百合子全作品』未収録作品集」「エクソダス(栄光への脱出) 全2巻」にリクエストいただいた皆さまにお知らせです。

《交渉結果》出版社へ復刊の可能性を打診

出版社へ交渉を開始いたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、ブログにてお知らせいたします。
なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
2003/05/31
交渉情報追加
復刊検討の御願いを行いました。最近の「少女アリス」復刊や、自社の海外モダンクラシックでの復刊活動などが目覚しい出版社です。期待して待ちましょう。
(交渉先:出版社)
2002/10/10
メール連絡済み
この本は出版社へ復刊希望のメール連絡済みです。
実際に交渉した際には改めましてご連絡します。
(交渉先:出版社)
2002/05/12
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る