1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『加藤和彦・安井かずみのキッチン&ベッド(加藤和彦・安井かずみ)』 投票ページ

加藤和彦・安井かずみのキッチン&ベッド

  • 著者:加藤和彦・安井かずみ
  • 出版社:主婦と生活社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/02/06
  • 復刊リクエスト番号:7701

得票数
50票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

安井かずみと、その旦那さま加藤和彦が一緒に記した「料理が好きで、人生が好きで・・・生活エンジョイ派のメニュー・ブック(副題より)」。主に「常にじょうずに楽しく食べる」ということを基本に「一章・カジュアルに日々の食事を楽しむ法」、「二章・トノバンのレストラン」、「三章・ズズのレストラン」、「五章・たまには夕食は外でいかが?」、「六章・パーティ-わが家の集いかた」の各章が、「ほんとにこんな生活できるの?」感あふれたゴージャスさで綴られます。巻頭には、「キッチン&ベッド(詩・安井かずみ、曲・加藤和彦)」の歌詞付。ソフトカバー。

投票コメント

ズズ&トノバンの本はおおむね読破してきましたが、本書だけは文庫化もされず、手 に取る機会のないままに十数年がたってしまった気がします。当時としても先取りし すぎていたお二人のライフスタイルにおける生の声に触れたいものです。 (2004/03/02)

1

それはもう、日本の昭和40年代から群を抜いて素敵だった安井かずみというひとの遺作ですもの、それもフォーククルセダーズとサディスティック・ミカバンドの加藤和彦との。それぞれ充分自分で人生を楽しむことができる男と女が、カップルで暮らすということのそれまた十全な味わい方を語るのです。出版当時、この本はまだ日本の読者一般には読むに時期尚早だったのかも。いまなら少しは成熟したと自負して、またこの本を読みたく思うのです。 (2004/01/24)

1

安井かずみさんが亡くなってから彼女のことを知り、本になっているものを全部読みたいと思ったのですが、なかなか本を探す事が出来ず残念です。あっても図書館で借りるだけで、返さなくてはいけないし…  さらにこの本は私の大好きな作家の方が好きな本にあげていて、なんとしてでも購入したいのでぜひぜひ復刊して欲しいです。あぁ、もっと早くにかずみさんのことを知っていたらとくやまれる日々。お願いします。 (2003/10/09)

1

安井かずみさんのことをネットで検索していて この本の存在を知りました。 憧れの女性の生前のライフスタイルには非常に興味があります。 復刊しましたら、必ず購入したいと思っておりますので ぜひよろしくお願いします。 (2003/06/05)

1

「人生を楽しむ」という姿勢をこの本で知りました。25年?以上も前に呼んで、感動して、その内容はまだ覚えてます。 いつかこんな二人の様な生活をしたいとずーっと思ってますが、まだまだパートナーには出会えてません。 (2003/05/27)

1

もっと見る

新着投票コメント

懐かしいです。 もう一度じっくりと読みたい!! (2015/08/24)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/08/24
『加藤和彦・安井かずみのキッチン&ベッド』が50票に到達しました。
2002/02/06
『加藤和彦・安井かずみのキッチン&ベッド』(加藤和彦・安井かずみ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る