復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

攻撃シリーズ




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 南波健二
出版社 東京トップ社、ひばり書房
ジャンル コミック・漫画
登録日 2022/02/12
リクエストNo. 72516

リクエスト内容

それまで日本の戦記物は貸本マンガや少年雑誌などで数多くあったが、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線を描いたものはほとんど無かった。
南波健二氏の攻撃シリーズは「ベン・カリス少尉」率いる「小隊」の物語だ。
毎号巻頭を飾るカラー頁はエピソードの背景となるヨーロッパ戦線について絵物語か挿し絵のように記されている。
貸本マンガの終焉とともに「攻撃シリーズ」も姿を消したが、数年後、『週刊漫画アクション』に全面改稿されて連載された。
漫画アクション版は最近のコンビニコミックの体裁で出版され、ネットオークションでも比較的安価で入手できるが、やはり貸本マンガ版の迫力には及ばない。
貸本マンガ版は武骨な画風からはじまり、巻が進むにつれてペンタッチも少しずつ洗練され、主人公のベン・カリスも次第に優男に描かれたりコミカルなシーンも挿入されるようになったが、それでも物語じたいは「戦場の男たち」という基本を崩さなかった。
また、当時の貸本マンガでよく見受けられた「読者からのお便りコーナー」と「読者によるシリーズの似顔絵コーナー」も毎号掲載され、常連投稿者からは何人もプロが出ている。復刻されるときにはこの「読者コーナー」もそのまま収録してほしいと思う。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 「攻撃シリーズ」は「タックル猛牛シリーズ」とならぶ南波健二氏の貸本マンガ時代の代表的シリーズであり、オークションや古本屋などで全巻を揃えることは極めて難しい。
    おそらく18巻くらいまでは出版されたのではないかと思うが、当時全国にあった貸本屋が次々とつぶれていき、そのために貸本屋のなくなった地域ではシリーズものが何巻まででたのかもわからなかった。
    ヨーロッパ戦線を描いたほぼ唯一の劇画シリーズであり、ぜひとも当時のままの装幀と内容で復刊してほしい。 (2022/02/12)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2022/02/12
    『攻撃シリーズ』(南波健二)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!