1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ヤマトよ永遠に(若桜木虔(原案 西崎義展))』 投票ページ

ヤマトよ永遠に

  • 著者:若桜木虔(原案 西崎義展)
  • 出版社:集英社(コバルト文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/12/26
  • ISBNコード:9784086103633
  • 復刊リクエスト番号:7079

得票数
17票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

劇場版「ヤマトよ永遠に」(1980年公開)のノベライズ
昭和55年8月15日初版 定価280円

扉の内容紹介より

無限にひろがる大宇宙、この無数の星々のきらめきの中に、様々な生命が満ち満ちている。そして、この生命の息吹きは、時に宇宙の平和を乱すことがある。地球を包むこの大宇宙の一部でも、幾つかの戦いが起こっては終わった。あのガミラスや白色彗星帝国、謎の自動惑星ゴルバとの戦いも、ヤマトの活躍によって終結し、地球は今、平和な営みを取り戻したかに見えた……時に西暦二二〇二年。
西暦二二〇二年、謎のミサイル状物体が地球に軟着陸した。その物体が暗黒星雲帝国の侵略であることに気づいた防衛軍は、反撃に出たが、地球は彼らに占領されてしまった。古代進などの旧ヤマト乗組員たちは、ユキの決死の行動で地球を脱出、ヤマトを隠してあるイカルスへと向かった。そこには真田や古代守の娘サーシャがいた。いよいよヤマトは、暗黒星雲帝国へ向けて発進した……。

目次

第一章 沈黙した火星基地
第二章 探知不能巨大物体
第三章 英雄の丘での再会
第四章 イカルスへの脱出
第五章 新宇宙戦艦ヤマト
第六章 中間補給基地殲滅
第七章 暗黒星雲の彼方へ
第八章 サーシャの超能力
第九章 タイム・トンネル
第十章 パルチザン兵ユキ
第十一章 ヤマトよ永遠なれ

参考リンク
goo映画情報
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD19144/index.html
ここではネタバレ禁止なので結末までのあらすじを知りたい人はこちらのページでどうぞ。
集英社コバルト文庫
http://cobalt.shueisha.co.jp/
若桜木虔ホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/wakasaki/

投票コメント

劇場版第3作!ファンの熱い要望に応え「ヤマト」が還ってきました!本編は作画や映像美はかなり高水準ですが、西崎作品の「常」である会議の長さ故、時間が無くなり所々粗さ?見られます。ヤマトらしいです(笑)。 ただ残念な事に、本来なら「新たなる旅立ち」の純粋な続編として制作される筈でしたが、TVシリーズ第1作の主要スタッフの一人である漫画家が「俺を原作者しろ」と(生来の)ワガママを言い始め、困惑したスタッフは、使い物にならない漫画家の案の中から「200年後」のみを引用してオリジナル・ストーリーの制作を余儀なくされました。(配給が東映のため) ヤマト・ファンとしては残念でなりません。 (2005/02/16)

1

ヤマトは小さい頃からドラゴンボールと同じくらいすきでよくみていたので、復刊してもらいたいと思い、一票入れさせて頂きました。 ヤマトにはいつも子供ながらに感動させられていたので今でもよく覚えています。お父さんがヤマトがすきでよかったなぁ (2003/01/24)

1

アニメと小説と話の展開は違えども…両方面白かったです。 ぜひまた読みたい…! (2009/12/18)

0

すき (2005/11/26)

0

「ヤマト」は私にとって切っても切れない大切な思い出です。 その思い出を是非もう一度、蘇らせてください。 (2004/09/16)

0

もっと見る

新着投票コメント

以前このコバルトシリーズのヤマト本全て持っていて大好きでした。が、ある時手違いで捨ててしまい、以来20年近くずっと探し続けています。最近になり、小学生の息子も宇宙戦艦ヤマトにはまっているので、息子にも読ませてあげたいと思っています。ぜひコバルトの同ヤマトシリーズ全て復刊を強く希望します。 (2016/05/26)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/12/26
『ヤマトよ永遠に』(若桜木虔(原案 西崎義展))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る