1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『宇宙戦艦ヤマト 3 上、下(若桜木虔(原案 西崎義展))』 投票ページ

宇宙戦艦ヤマト 3 上、下

  • 著者:若桜木虔(原案 西崎義展)
  • 出版社:集英社(コバルト文庫)
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/12/26
  • ISBNコード:9784086104173 9784086104180
  • 復刊リクエスト番号:7078

得票数
27票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト 3」のノベライズ。

昭和56年1月15日初版 定価280円

扉の内容紹介より

上巻

大銀河系星雲、直径十万光年。厚さ一万五千光年。恒星の数、一千億。そこには、いま生まれてきた星もある。死んで行く星もある。宇宙の生命は無限で永遠だが、その生命を受けつぐ個々の星々の運命はさまざまである。大銀河系星雲の中では、生きものの生まれた星も数知れず、その進化も、さまざまな段階にある。そして、高度な知的生命体に進化し、文明をもった、異星人によって組織される惑星国家も、星間国家も、数かぎりなくあった。それらの星間国家の間では、今日も戦いが繰り広げられている。そして、星々の運命は、これらの戦いとも無縁ではない。私たちの住む太陽系の地球も、そんな生命をもった星のひとつとして、大銀河系星雲の端に近く、オリオン腕と呼ばれる星の渦の中に生きていた。その頃、地球人類は、その開拓の手を、ようやく太陽系を超えて宇宙へとのばしつつあった。時に西暦二二〇×年――。

西暦二二〇×年、銀河系ではガルマンとボラー連邦との間で激しい戦いが行なわれていた。そしてミサイルが誤って太陽へ命中、太陽は核反応異常を起こしてしまった。このため地球の生命はあと一年。宇宙戦艦ヤマトは、地球人類移民のための星を求めて旅立った。新艦長は古代進。ガルマンの攻撃を逃れたヤマトはバース星に寄港。その星で古代は初めてボラー首相ベムラーゼと会見した……。

下巻

ベムラーゼと敵対したヤマトは、ボラー連邦から攻撃を受けたが必死に脱出した。休む間もなく今度はガルマンに攻められ、ついにヤマトは捕われてしまった。しかしデスラーは友情を忘れず、古代に救いの手をさしのべてくれた。デスラーは古代に地球型惑星ファンタムがあることを教えた。ヤマトがファンタムめざして進路をとったとき、前方にマザーシャルバートの像が浮かび上がった。

第一章 ガルマンの次元潜航艇
第二章 デスラー総統との再会
第三章 ガルマン帝国危機一髪
第四章 惑星ファンタムへの道
第五章 幻惑の惑星ファンタム
第六章 スカラゲック海峡星団
第七章 シャルバートの制御砲

投票コメント

以前このコバルトシリーズのヤマト本全て持っていて大好きでした。が、ある時手違いで捨ててしまい、以来20年近くずっと探し続けています。最近になり、小学生の息子も宇宙戦艦ヤマトにはまっているので、息子にも読ませてあげたいと思っています。ぜひコバルトの同ヤマトシリーズ全て復刊を強く希望します。 (2016/05/26)

1

これは映画の前に予習して読んだ覚えがあります。 私はちょっと時期がずれているもので。 で、映画がちょっとばたばたしていた感があったので、足りない分は この著書から補充できました。 今から松本零次に手を出そうとしている若者諸君、映画とセットで どうじゃー! (2004/01/26)

1

読んでおさらいしたい (2013/05/09)

0

冷戦時代の米ソを髣髴とさせる、ガルマン対ボラーがとても興味深い、 小説ではどう描かれているのか是非読みたい。 (2010/09/25)

0

土門君が大好きでした。。。 (2009/12/18)

0

もっと見る

新着投票コメント

とても興味深いです。 (2018/07/26)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/12/26
『宇宙戦艦ヤマト 3 上、下』(若桜木虔(原案 西崎義展))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る