1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ユダヤ人とは誰か―第十三支族・カザール王国の謎(アーサー ケストラー(著)、宇野 正美...』 投票ページ

ユダヤ人とは誰か―第十三支族・カザール王国の謎

  • 著者:アーサー ケストラー(著)、宇野 正美(訳)
  • 出版社:三交社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2019/02/18
  • ISBNコード:9784879191021
  • 復刊リクエスト番号:68024

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

要旨(「BOOK」データベースより)
1500万ユダヤ人の9割を占める東欧系ユダヤ人は、『聖書』の民、セム系・ユダヤ人ではなかった。『ホロン革命』のケストラーが自らのルーツを探り、世界のタブー=ユダヤ人問題に挑戦。

目次(「BOOK」データベースより)
訳者序文 真のユダヤ理解が国際化の鍵
第1部 カザール王国の興隆と没落(南ロシア草原における興隆
ユダヤ教への改宗
ロシアの台頭による衰退
首都陥落にひき続く没落)
第2部 カザール・ユダヤの歴史的遺産(カザールの故地を離れて東ヨーロッパへ
カザール・ユダヤ人と「真のユダヤ人」
交錯する流れを貫くカザールの血
ユダヤ人神話とその人種的多様性)
付録 イスラエルとディアスポラ―歴史は歴史として

新着投票コメント

本書はケストラー氏のルーツである「ユダヤ民族」の本質に迫ったものです。 大部分の日本人は知らない事実が記されています。 (2019/02/18)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/02/18
『ユダヤ人とは誰か―第十三支族・カザール王国の謎』(アーサー ケストラー(著)、宇野 正美(訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る