1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『灰色の地平線のかなたに(ルータ・セペティス 野沢佳織訳)』 投票ページ

灰色の地平線のかなたに

  • 著者:ルータ・セペティス 野沢佳織訳
  • 出版社:岩波書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2019/01/06
  • ISBNコード:9784001156515
  • 復刊リクエスト番号:67844

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヤングアダルトに分類されていますが、大人にも十二分に読み応えのある本です。

1941年6月。 15歳のリナは家族と共にソ連の秘密警察に逮捕されます。当時リトアニアはソ連の占領下。スターリンはリトアニアの知識人をシベリアへ強制追放していました。

劣悪な移送列車の中で衰弱死する子ども。正気を失い銃殺される女性。惨劇を目の当たりにしながらリナが辿り着いた先はアルタイ強制収容所。過酷な労働と飢えに呻吟しながら、リナは、生き別れになった父に託すため絵を描き続けます。つらい日々の中、優しい少年との間に恋が芽生え、生きる支えとなります。しかし、リナを待ち受けていたのは、さらに過酷な運命でした。

リトアニアから亡命した元軍人を父に持つ作者が、丹念な取材と調査を重ねて世に出したリトアニアの悲劇です。弾圧を受けながら、リトアニアの人々は、いつか真実を世に伝えようと手紙、手記、絵を書きためて地中に埋めたのでした。少女リナが書いた手紙と絵も、後年発見されます。リトアニアの歴史の一端を知ることができる名作です。

新着投票コメント

リトアニアの過酷な歴史と人間の強さを描いた名作です。2019年1月時点で重刷未定。このまま忘れ去られるのはあまりに惜しく、是非復刊して頂きたいです。 (2019/01/06)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2019/01/06
『灰色の地平線のかなたに』(ルータ・セペティス 野沢佳織訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る