1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『虚人魁人康芳夫(康芳夫)』 投票ページ

虚人魁人康芳夫

  • 著者:康芳夫
  • 出版社:学研
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/07/18
  • ISBNコード:9784054016699
  • 復刊リクエスト番号:67084

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「国際暗黒プロデューサー」を名のる、著者の一代記。アートフレンドを率い、伝説の呼び屋といわれた神彰に弟子入りし、波瀾万丈の呼び屋人生を送る。一例をあげるだけでも、インディ500を日本へ呼ぶ、ネッシー捕獲大作戦(団長は石原慎太郎)、人間とチンパンジーの混血・オリバーくんの招聘、世紀の奇書『家畜人ヤプー』のプロデュース、きわめつけはアントニオ猪木対モハメド・アリ戦の実現などなど枚挙にいとまがない。一寸先は闇の世界に身を置いて、縦横無尽に世界をかけめぐり、おもしろいと思ったことならなんでも実現させる、すさまじいエネルギーに満ちた著者の人生は本を置くあたわず。NHKの「週刊ブックレビュー」でとりあげられた際は、江川達也氏が激賞、「この本を読まずに死ねるか!」の名言も。鹿島茂、福田和也、唐沢俊一、書評でとりあげた著名人は数知れず。この閉塞した時代だからこそ、ぜひともみなさんに読んでほしい世紀のドラマチックな生き様、味わってほしい痛快さ! 読んで損はいたしません。

投票コメント

新刊発行時は、話題になるたび買いもとめようとするも、版元の営業の無能さでいつも品切れというていたらく。かろうじて手に入れたが、あまりのおもしろさに抱腹絶倒、痛快無比の展開にハラハラドキドキ、まさにページを繰る手がとまらないジェットコースター・エンタテインメント自伝。絶版で、埋もれさせておくには惜しすぎる! (2018/07/18)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/07/18
『虚人魁人康芳夫』(康芳夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

学研に関するQ&A

映画技師が過去を撮影するカメラを発明してアレクサンダー大王の一生などの映画製作をしたSF小説です。学習雑誌の付録でした。

昭和41年ころ,学習雑誌の中学1年生時代(旺文社)または中学1年生コース(学研)の付録の文庫のSF小説だったと記憶しています。 場末の映画技師が,過去を映すカメラを発明しました。 そのカメラで,アレ...

TOPへ戻る