1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『雨に添う鬼(秋山香乃)』 投票ページ

雨に添う鬼

  • 著者:秋山香乃
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2018/05/11
  • ISBNコード:9784062161688
  • 復刊リクエスト番号:66779

得票数
39票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

土佐勤王党首領武市半平太と、幕末の人斬り四天王の一人岡田以蔵。

投票コメント

SNSの情報により存在を知りました。 紹介者さまの熱意に感化されましたが、 師弟関係にあたる武市半平太、岡田以蔵を取り扱う書籍をどのように解釈されているのかも確認したいと思います。 地方の民のため図書館にも蔵書がないのも復刊を強く願う要因のひとつです。どうぞよろしくお願いいたします。 (2018/10/04)

1

読了後、何も手につかなくなるくらい心揺さぶられました…。 図書館で借りて読んだのですが、これは手元にほしいと思っても絶版で電子書籍も無く…。 借りたのは掲載されていた雑誌の方で、単行本の方は言い回しが違うところがあると聞いて気になっています。 是非、是非復刊お願いします…! (2018/10/03)

1

図書館で借りて読みました。 主に武市半平太の視点から、岡田以蔵との『運命』ともいえる出会い、すれ違い、憎悪、後悔が描かれます。 岡田以蔵の視点から描かれる彼の人生や幕末という世は、「あと一つ、ボタンが掛け違えていなければ」と、そう思わざるを得ない切なさがあります。とりわけ、岡田が獄中で自らの人生とそのほとんどを占めていた武市半平太との関係を回顧するラストシーンは涙なしには読めません。 戦闘シーンの組み立てや演出も上手く、心理描写は白眉です。 ぜひ、ぜひ! 手元に置いておきたい一冊です。 復刊しますように!!! (2018/10/03)

1

最近の岡田以蔵ブームに乗って、関連書籍を探しています。 人斬り自体が好きでは無かったので今迄ノータッチで生きて参りましたが、調べれば調べる程味がある…というか、歴史資料が少ないが故に、岡田以蔵を題材とした作品はそれぞれに作家の豊かな想像力による解釈の幅があり、今作に於いては師である武市瑞山とのボタンのかけ違いが絶妙で、大変心を締め付けられる内容となっています。 知った時既に絶版だった為、図書館で借りて読みました。 大変好きなお話でしたので、手元に置いておきたいです。 他の岡田以蔵関連書籍も売れているようです。 乗るしかないこの流れ! (2018/09/29)

1

図書館で借りて読み、とても良かったので、購入したくなりました。復刊を強く希望します。 (2018/11/12)

0

もっと見る

新着投票コメント

岡田以蔵に興味があり、小説を探していたところこちらの本に出会い、図書館で借りて読みました。 岡田以蔵と武市半平太のすれ違う様が、胸を締め付けるように苦しく切ない物語で、ぜひ手元に置きたいと思いました。 (2018/12/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/10/03
『雨に添う鬼』が10票に到達しました。
2018/05/11
『雨に添う鬼』(秋山香乃)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

TOPへ戻る