1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『ジャクソンヴィルの闇(ブリジット・オベール)』 投票ページ

ジャクソンヴィルの闇

  • 著者:ブリジット・オベール
  • 出版社:ハヤカワ・ミステリ文庫
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2017/10/19
  • ISBNコード:9784151708046
  • 復刊リクエスト番号:65846

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ゾンビ物。
もうひとつ踏み込むとパニック物。
さらに踏み込むと、ゾンビはウイスルとか科学の力で甦った死体ではなくて
由緒正しき(?)呪いの力で甦った、本物の死体が暴れまわるエンタテインメント小説!
ゾンビが溢れかえって「ジャクソンヴィル」という村が大混乱に陥るという小説です。
ただ、これは20年前(1998年)に出版し、それもアメリカではなくフランスの作家が書いたゾンビ小説。
メインは、逃げ惑う一般市民ではなく、死んだのに気付かない新入りゾンビが
何か調子が悪いので健康診断受けてみたら
あなたは脈拍もなく心臓も動いていないので死んでます。と言われ
自分はゾンビなのか!と精神を蟲ばまれながら、彷徨い続けるゾンビ目線の小説
絶版ではないものの、増刷されてないみたいだから
再出版して欲しい1冊です。

投票コメント

このタイトルに関わらずブリジット・オベール作品全般の再販・増刷を希望します。絶版でもなく再販するでもなく塩漬けなのはもったいない。『マーチ博士の4人の息子』だけは今でも店頭に並んでいますが、既に持っているものを何冊も買って応援するまではできず。 軽快なストーリーテリングの中にハードなサスペンスとトリックが仕込まれている作風で、おフランスのディーヴァーといった感じか。しかも読み易い手頃な厚さ。 フランスの刑事警察の組織がイマイチ馴染み薄いのが受けない理由なのかな?(『ジャクソンヴィルの闇』とは無関係ですが) (2017/11/28)

1

出版社的には、絶版してなくて増刷するチャンスのないまま放置された作家だから。 まだ、何冊か未発表の小説があるので 復刊と共に、新しい小説も翻訳してくれると嬉しいです。 (2017/10/19)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/10/19
『ジャクソンヴィルの闇』(ブリジット・オベール)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る