1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『おひざのぽぽちゃん(まつはらともふみ)』 投票ページ

おひざのぽぽちゃん

  • 著者:まつはらともふみ
  • 出版社:でじたる書房
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2017/01/01
  • 復刊リクエスト番号:64434

得票数
6票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

生体販売用の子犬を産まされ続けた繁殖犬は、産めなくなると殺処分にされる運命に…。
過酷な環境で心身共に痛んだ七匹のチワワは、ボランティアの手によって救い出されました。
冷たいオリの中から温かい家族の元にやって来た一匹は、≪たんぽぽ≫と名づけられ、優しい里親の胸に抱かれます。
「これからの半生、赤ちゃんから生き直そうね。」

実在した保護犬の半生を綴った、長編漫画風絵本。
「犬を愛する人達」と「人を信じ始めた犬」達の織り成す、心の物語。
ペットとは? 命とは? 子供を育てる親の責任とは?・・・
親子で共に考えながら読んで欲しい本です。

投票コメント

ペットショップで売られているかわいい仔犬のお母さん犬が、 どんなふうに扱われ、命を落としているか・・・ そのことをかわいらしい絵でつづっているこの本を 多くの人々に読んでもらいたいから。 自分自身も、色々なところでこの本のことを聞くけど、 実際の本を最初から最後までゆっくり読んだことはないので、 是非復刊してほしいです。 (2017/02/20)

4

ぽぽちゃんの事をもっと知りたいし 多くの人に知って欲しいです。 子供に読ませたいです。 (2017/02/23)

3

ぽぽちゃんのこと、もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思います。保護犬のことも。 (2017/02/23)

3

この絵本のモデルとなった≪ぽぽちゃん≫は、2016年3月31日にお空に旅立ちました。 殺処分の危機にあった保護犬の事、ペットショップの裏側にいた繁殖犬の悲惨な状況、保護ママや里親家族との温かな時間…、 彼女が絵本となって、笑いと涙を交えながら教えてくれた事はとても大きいものでした。 繁殖犬だった辛い半生から始まるこの物語は、愛犬家には読むのが辛い箇所もありますが、愛犬家にこそ読んで欲しい内容でもあります。 この子達の事をもっと理解し、今それぞれの隣にいる我が子をもっと愛する気持ちになれるかも。 自主出版物で知名度は低い書籍ですが、是非、復刊して多くの人に届けて欲しい一冊です。 (2017/01/02)

3

電子書籍で全巻制覇してますが、 手に取って読んで頂きたいのでリクエストします♡ 優しいタッチで描かれたイラストですが、子供でも読み易く 保護犬のことが自然な感じで伝わると思います(*´-`) (2017/02/23)

2

もっと見る

新着投票コメント

ぽぽちゃんのこと、保護犬のこと知りたいです。本で読んでみたいです。 (2018/01/16)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/01/01
『おひざのぽぽちゃん』(まつはらともふみ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る