1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ちょーシリーズ(野梨原花南)』 投票ページ

ちょーシリーズ

得票数
54票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

野梨原花南代表作の一つ、ちょー美女と野獣シリーズ。
情景描写とそこに生きる人々、宮城とおこ氏のイラストがうつくしく、刊行当時より普遍に愛される。
2013年には公式アンソロジーにて書き下ろしの新作短編が発表された。

新品入手が困難となった現在も手元に置くファンの多い名編ながら、コバルト文庫の欠点であった本文紙の劣化が嘆かれています。 これからも長く読み続け読み継がれるために、丈夫で絢爛豪華な愛蔵版を熱烈に希望します!

* * *
2017年、ちょーシリーズを含めたコバルト文庫の同著者作品が電子書籍に登場!
重要な短編が収録されている、未電子書籍化の「ちょー企画本/企画本 2」の電子化と、引き続き愛蔵版の書籍刊行をどうぞよろしくお願いいたします!

さらに2018年の新作「ちょー東ゥ京」がwebコバルトにて連載され、18年秋に電子書籍化予定。紙の書籍とここから始まる物語を読者一同待っております!


投票コメント

yuu

yuu

今の子供に読んでほしい。 ラブコメファンタジーでありながら、「人の尊厳とはなにか」「親の価値観だけが人生の指標じゃないこと」「悲しみや苦しさだけにとらわれない方法」「友達という名の第三者との付き合い方」など、子供にこそ読んでほしい題材が多く散りばめられています。 こんなにも人生の根幹となりうる作品は他に類をみないと思います。 どうにか復刻して現代社会に生きる子らの灯火になるといいなと思います。 (2016/01/26)

6

miz

miz

小説というものを読んだり書いたりするきっかけになったすべての始まりのシリーズです。 コメディなのに美しくて、厚みがあってきらきらして、情景が目に浮かぶようで、でもファンタジックで、本当に素敵で素晴らしい表現の詰まった本だと思います。そしてその文章に宮城とおこさんの絵がぴったり合っていて、挿絵の多いライトノベル界だからこそ味わえる贅沢だと思います。 全巻揃え、当時小学生でしたがサイン会にも行きました。お手紙も出しました。ドラマCDも今でも持ってます。そこまでしたのはこのシリーズだけでした。 絶版になっていたと初めて知りました。復刊を希望…というよりもむしろ愛蔵版を希望します。くたくたの文庫本もそれはそれで愛しいですが、新しく生まれてくれるのならこんなに嬉しいことはありません。 (2016/02/23)

5

高校生の頃、先輩に勧められ借りて徹夜で一気読みしたのを覚えています。 今でも話の一場面や内容を覚えているしとても面白かった。 いつか買おうと思っていたのにいつの間に絶版になっていたのか、ショックです 時代や年齢関係なくライトノベルファンタジー好きなら楽しめるはず、是非復刊してほしいし手元に残したいです。 (2016/01/27)

5

時代を先取りしすぎた名作であり、今再び世に出ればヒット確実と一部でまことしやかに囁かれている作品です。美しいお姫様は真実の愛に出会って、めでたしめでたしのその後には、またたくさんの物語が生まれて。愛と冒険と恋と魔法、それだけで終わらない魅力がこの作品にはあります。私が大切なものをもらえたように、この作品で大切なものと出会える人がもっと増えてほしいと心から思うので、復刊を希望しています。 (2016/01/26)

5

年々紙が古ぼけていきシミが目立ってきました。 とてもくたびれた印象です。もう一度真っ白なページからちょーシリーズの世界に旅立ちたいです!そして復刊を機に、シリーズを知らない方にも手に取ってもらいたい。宮城とおこさんの表紙も綺麗だし、興味を引かれて1ページでも読めばきっとすぐにちょーの世界の虜になると思います。 (2016/02/22)

4

もっと見る

新着投票コメント

今なお色褪せない美しい物語です。 読みやすい語り口で、とても大切なことをいくつも教えてくださいます。 けれど、それを読み取れなくても構わないのです。 ただただ、面白い、楽しいと思って読んでしまえる、けれど振り返ってみれば、本当はとても大事なことを言っていた、そう気付ける、押しつけがましくない優しさや大切さにあふれた物語たちです。 どうか多くの方に読んでいただければ、と強く思っております。 (2018/06/25)

2

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/06/25
『ちょーシリーズ』が50票に到達しました。
2016/01/27
『ちょーシリーズ』が10票に到達しました。
2016/01/25
『ちょーシリーズ』(野梨原花南)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

集英社に関するQ&A

30年ほど前のりぼんのふろく

30年ほど前の、りぼんの付録だったの思うけれど、両親が死んだ小学生の兄妹の話。お兄さんが働いて妹(ゆっこ)を育てるけれど、病気になって死んでしまう。 りぼんの付録で黄緑色の文庫だったのは覚えているけれど...

TOPへ戻る