1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ショートパンツと黒紋付と-ある通訳のみた戦後史(戸田優子)』 投票ページ

ショートパンツと黒紋付と-ある通訳のみた戦後史

  • 著者:戸田優子
  • 出版社:勁草書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2015/11/01
  • 復刊リクエスト番号:62528

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1.青い目の到来 2.アメリカ村の始まり 3.教会へ 4.アメリカナイゼイションの始まり 5.ワークキャンプ 6.フィリップ牧師あれこれ
・著者は戦後占領軍などの通訳を務めた人。占領下での草の根の文化接触の現場の様子がいきいきと描かれている。確かに当時は今で言う「コミュニティ通訳、リエゾン通訳」に携わった人が沢山いたはずだ。日本通訳史への貴重な証言といえる。

新着投票コメント

mz

mz

米原万里氏が著書内で紹介されており、終戦後の占領軍政下での通訳の活動について記されているということで、ぜひ読んでみたい。 (2015/11/01)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/11/01
『ショートパンツと黒紋付と-ある通訳のみた戦後史』(戸田優子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

昭和に関するQ&A

50年くらい前のマンガのタイトルを知りたい

約50年くらい前のマンガだと思います。 雑誌じゃなくて、貸本で読んだような記憶があります。 主人公は小学生くらいの女の子で、ひとりで縄跳びをしています。 33回だったか、続けて飛ぶと反世界?に移動...

TOPへ戻る