1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『赤毛のアン・シリーズ 1~7巻(モンゴメリ原作 村岡花子訳 田村セツコ絵)』 投票ページ

赤毛のアン・シリーズ 1~7巻

  • 著者:モンゴメリ原作 村岡花子訳 田村セツコ絵
  • 出版社:ポプラ社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2014/10/01
  • ISBNコード:9784591004241
  • 復刊リクエスト番号:60790

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ポプラ社より初版昭和53年(1978年)12月発行 全7巻
子供の頃、数ある赤毛のアンの本の中で、訳はもちろんのことカバーデザインと挿絵が一番のお気に入りでした。
田村セツ子さんの挿絵がレトロで可愛く、挿絵やカバーを外したデザインもクラシックで素敵でした。
現在、他の挿絵で出版がございますが、この当時の挿絵やデザインが赤毛のアンのイメージと世界観にぴったりでとても素敵でしたので、ぜひ当時の挿絵とデザインで再出版をお願い致します。
この本を中古でも欲しいと思いかなり探しましたが、人気ですぐなくなってしまうのでなかなか見つけることが出来ません。
自分の子供にも最初にこの本で赤毛のアンを読ませたいです。

投票コメント

田村セツコ先生のファンなので、赤毛のアンはアンとギルバートがくっついたところまでは読んだのですが…。 この本ならその続きも完読できそう! 訳も村岡花子さんですし! 他のは挿絵が変わっても良いと思ってますが、これだけはセツコ先生以外認めねぇ!≧( * ´ヮ`)≦ (2014/10/14)

1

村岡花子さんの訳が素晴らしいのはもちろんのこと、田村セツ子さんの挿絵が大変可愛らしく、赤毛のアンのイメージと世界観にぴったりです。挿絵が多く、本の装丁もとても素敵です。 そして、モンゴメリと作品についての解説が各巻についています。 解説だけを読んでも、著者についての理解が深まるようになっている点も素晴らしいと思います。 自分の子供に最初に赤毛のアンを読ませるのなら、この本で読ませたいと思います。 (2014/10/01)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/10/01
『赤毛のアン・シリーズ 1~7巻』(モンゴメリ原作 村岡花子訳 田村セツコ絵)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ポプラ社に関するQ&A

25年ほど前に読んだ小学生(女子)向けの小説

80年代後半から90年代前半に私が小学生の頃読んだ小説のタイトルが分かりません。 女の子が主役で、ストーリーはほとんど覚えていません。 バブルバスに入る場面があり、その頃は珍しかったのでよく覚え...

TOPへ戻る