復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

8

投票する

石の花

石の花

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 8

著者 坂口尚
出版社 講談社
ジャンル コミック・漫画
ISBNコード 9784063346336 9784063346343 9784063346466 9784063346572
登録日 2014/07/08
リクエストNo. 60389

リクエスト内容

米原万里さんのエッセイ「魔女の1ダース」で必読と紹介されていたので読みたいと思ったのですが絶版でした。

ぜひ読んでみたいです。よろしくお願いします。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全8件

  • ストーリーの面白さ、情景描写、魅力的な登場人物たちの心情描写、何をとっても素晴らしい。平和とは何かを考えるうえでかなり参考になるだろう。第二次世界大戦のバルカン半島を描いた数少ないマンガであり、この地域を知ろうとする際にも助けになってくれる。Wiki情報ではあるが、ロシア語通訳者の米原万里さんも絶賛していたほどだ。ぜひとも復刊してほしい。 (2020/07/19)
    GOOD!1
  • マンガ史に残る大傑作と言ってよい作品である。戦争と平和、生きるとは何か、差別とは何か、とにかく人生で必要なことが全て詰め込まれたとてつもない作品である。第2次大戦時のユーゴスラビアを舞台にしていることから、民族問題や国際情勢、思想的対立などが複雑に絡み合うストーリーで、真剣に作品と向き合うことが要求される。単純に善悪を決めないことから答えは提示されず、生きるとは何かを真正面から読者に問いかけてくる。私たちはその問いかけに答えなければならない。後世にも読み継がれて欲しい作品だ。 (2019/07/13)
    GOOD!1
  • 49歳で夭折した虫プロアニメーターのち漫画家・坂口尚の長編漫画です。私は図書館で新潮社ハードカバー版を借りて読みました。
    第二次世界大戦、ユーゴスラヴィア紛争、パルチザン、ユダヤ人、ナチス、強制収容所のことがよく分かる本です。内容が充実していますし、加害者だけとか被害者だけとかでなく、様々な立場の人が描かれていて良かったです。
    しかし加害者とか被害者とか分けることは簡単ではありません。反ドイツパルチザンに加入する主人公のユーゴ人少年クリロも、全体的に見れば被害者ですが、殺されたドイツ兵からすれば加害者です。誰が被害者で誰が加害者かというのは、見方や状況によって変化します。
    こんなすごい本はぜひ復刊してほしいです! これが絶版だなんてもったいないです! よろしくお願いします! (2019/07/10)
    GOOD!1
  • 「石の花」を読んで坂口先生の漫画に惚れ込みました。末代まで伝えられるべき天才作家だと思います。電子本で読みましたが、講談社版は内容が違うと聞いたので、こちらも是非読んでみたいと思いました。 (2018/11/06)
    GOOD!0
  • とにかく、もう一度読んでみたい!理由はそれだけです。 (2018/08/07)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

全1件

  • 読み継がれてほしい名作

    ユーゴスラビアから見る第二次世界大戦ヨーロッパ戦線です。ファシズムもコミュニズムも肯定しない公平な目で真実を見極めようとする少年少女の苦闘が描かれています。その後の内戦で崩壊の一因も垣間見ることができます。中高生に読んでほしい名作です。 (2015/03/30) (2015/03/30)

    GOOD!0
  • レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2014/07/08
    『石の花』(坂口尚)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!