復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

続 未来からの生還

続 未来からの生還

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 ダニオン・ブリンクリー
出版社 同朋舎出版
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784810424546
登録日 2013/06/24
リクエストNo. 58000

リクエスト内容

臨死体験の経験が中心の『未来からの生還』の続編で、雷や心臓手術で二度臨死体験をした著者が、臨死体験中の経験や帰還してから「光の存在」に指導され、与えられた目的を達成する日々をユーモラスに、時に感動的に、ざっくばらんに語っている。

臨死体験後に与えられたサイキック能力は何に使うべきか、自分が生かされた理由は何か、ずっと悩む著者だが、父親の親友の訪問によって、特異な自分の経験を理解する友人がいたことに気づき、自分の能力が活かせ、「光の存在」に与えられた謎のミッションの実現にもつながる、ホスピスという仕事に目覚める。

「死んだ経験のある」著者が、死に逝く人の人生の回想を手伝い、死の恐怖を取り除き、残り少ない時間を有意義に過ごす手伝いをする。彼らの人生の縮図でもあるいくつかのケースが紹介され、死と家族のあり方など、深く考えさせられる。

前作より、「光の存在」から与えられたセンターや装置作りに力点が置かれ、ホスピスでの仕事が孤立しがちな死の近い人に愛を与え、力づけるか、ストレスの溜まった現代人をどうやったら救えるか、「今」から未来に焦点が当てられている。生きている人の癒しにも参考になることが多い。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • 前作の『未来からの生還』より、生きることの意味について考えさせられ、こちらの方が内容に深みがあると感じた。

    特異な体験に苦しみながら、人になんといわれても「光の存在」に支持されたセンター作り、装置作りに取り組むことをやめない。
    被験者を意識変容させることで体外離脱する装置(ベッド)を作ったり、レイモンド・ムーディ氏の「死者と会う部屋」のミッションに参加したり、臨死体験時の記憶を生かした、地についた生き方で多くの人を救い、活躍する様子がすばらしい。 (2013/06/24)
    GOOD!1

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2013/06/24
    『続 未来からの生還』(ダニオン・ブリンクリー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!