復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

幻想の東洋 上・下 -オリエンタリズムの系譜 (ちくま学芸文庫)

幻想の東洋 上・下 -オリエンタリズムの系譜 (ちくま学芸文庫)

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 彌永信美
出版社 筑摩書房
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784480089441
登録日 2013/03/15
リクエストNo. 57387

リクエスト内容

内容(「BOOK」データベースより)
西欧は東洋をどのように表象してきたのだろうか。とりわけエドワード・サイードによる問題提起以降、“オリエンタリズム”は最もアクチュアルな思想的主題のひとつである。本書もまた、西欧の東洋に対する知と支配の様式、そのイデオロギー性を批判するというモチーフをサイードと共有するが、時間的・空間的射程ははるかに長く、博捜はいっそう徹底的である。本巻には、古代異教世界の歴史意識に始まり、ユダヤ=キリスト教の普遍主義・終末論・政治神学、さらには使徒トマス伝説・祭司ヨーハンネース伝説など中世的想像力の諸相に及ぶ、第10章までを収録する。1987年度渋沢=クローデル賞受賞作。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
彌永/信美
1948年生まれ。仏教学者、評論家。パリ高等研究院歴史・文献学科中退。仏教神話の伝承史的研究に加え、ヨーロッパ文化史・宗教史・神秘思想の該博な知見を生かした広範な評論活動を展開中。『幻想の東洋―オリエンタリズムの系譜』(1987年度渋沢=クローデル賞受賞)のほか、著書に『歴史という牢獄』、『大黒天変相』、『観音変容譚』が、訳書にヴァン・ジュネップ『通過儀礼』(秋山さと子氏と共訳)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 大学入学直前に読んだ本です。それまで学んだ歴史とは全く異なる視点で西洋史を見直していて、衝撃を受けたのを鮮明に覚えています。ぜひとも復刊してほしいです。 (2019/05/08)
    GOOD!0
  • おもしろそう (2018/10/02)
    GOOD!0
  • うん (2013/03/15)
    GOOD!0

NEWS

  • 2013/03/15
    『幻想の東洋 上・下 -オリエンタリズムの系譜 (ちくま学芸文庫)』(彌永信美)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!