復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5

投票する

呪われた者の書




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 5

著者 チャールズ・フォート(南山 宏 訳)
出版社 国書刊行会
ジャンル 専門書
登録日 2011/02/13
リクエストNo. 52818

リクエスト内容

何十年か前「超科学シリーズ」で、予告されたまま未だに刊行されていない本。奇現象の古典中の古典!
フォートは、「超自然現象」を図書館で収集し、こうした研究家を意味する「フォーティアン」の語原ともなった。
超自然・怪奇現象などは、それこそ高度成長期の少年誌に
紹介されたものが、孫引き~孫引きされて、編集プロダクションでネタにされている嘆かわしい出版状況。
南山氏も、センセーショナルな宇宙人ネタなどの翻訳、自著の焼き直しのような本は出版されているものの、こうした基本書をないがしろにされていることは、残念でしかたがない。
うがった見方をすれば「奇現象記録の宝庫」とも言える本書を「翻訳しない」ことで、ネタを温存しているのではないかと疑りたくもなる。
「と学会」など、ニュートラルな立場で真に奇現象を楽しむ流れもでているので、南山氏にはぜひともライフワークとして、翻訳の完結を望みます。
日本でも、奇現象記録のバイブル、古典とになると思います。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全5件

  • アヴァロン・プロジェクトのETに関する情報を公開しているインタビュー動画の中で推薦されていたため、どうしても読みたくなりました。
    訳者の南山氏が最近翻訳された「エデンの神々」の中でも、「チャールズ・フォートは宇宙人が人類の問題に関わっていると真剣に言い出した20世紀最初の文筆家だろう」と評されています。
    ET情報に関する古典的名著で、すでに翻訳されているのに入手することが極めて難しい書籍のようですから、ぜひ復刊して欲しいと思います。 (2012/01/11)
    GOOD!1
  • 「復刊」どころか一度も出ていない本だが、「今年じゅう(2018年)には刊行される」説が気になる今日このごろ。ぜひ。 (2018/10/26)
    GOOD!0
  • チャールズ・フォートの著作が翻訳されていないのは、何らかの意味があるのかもしれないけれども、やはり読んでみたいです。 (2014/09/01)
    GOOD!0
  • その手の人には言わずと知れた書物だが、出版の話もあったようだが未だに翻訳がないのが悔やまれます。 (2013/01/22)
    GOOD!0
  • 奇現象の記録収集の古典中の古典。
    何十年も待っています。
    南山宏さんライフワークとして、実現をお願いします。 (2011/02/13)
    GOOD!0

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2011/02/13
    『呪われた者の書』(チャールズ・フォート(南山 宏 訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!