1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『越境(パット・バーカー)』 投票ページ

越境

  • 著者:パット・バーカー
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/06/27
  • ISBNコード:9784560047521
  • 復刊リクエスト番号:50739

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

十歳のとき老女を殺害した少年が十三年後に釈放、精神鑑定した心理学者の前で川に身投げする……殺人者の素顔とは? 善と悪の〈境界〉はどこか? ブッカー賞作家の魂ゆさぶる問題作!
【編集者よりひとこと】
1992年、英国で10歳の二人の少年が2歳の幼児を殺害した事件を覚えているだろうか。少年二人は9年後に新しい名前と身分をもらって釈放され、英国では大きな社会問題になった。この件に触発されたであろうこの小説を読むと、じわじわと恐怖が迫り、重大な少年犯罪が多発しているわが国においても、もはや対岸の火事ではない。

投票コメント

素晴らしい作品です。 非常に大きな衝撃を受け、読後一週間ほどさまざまに思いを巡らせました。 児童犯罪、関心と無関心、過去と未来、精神的な成長など重いテーマがスリリングなストーリーの中にまとめられています。 ぜひ復刊を。 (2010/06/27)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2010/06/27
『越境』(パット・バーカー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る