1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『CARNIVAL(瀬戸口廉也)』 投票ページ

CARNIVAL

  • 著者:瀬戸口廉也
  • 出版社:キルタイムコミュニケーション
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2009/07/19
  • ISBNコード:9784860321284
  • 復刊リクエスト番号:47382

得票数
142票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「世界は残酷で恐ろしいものかもしれないけれど、とても美しい。思えば、そんなこと、僕らは最初から知っていたはずなんだ」殺人の容疑をかけられ護送中のパトカーから逃亡したマナブ。そんな彼と一緒に失踪する道を選んだリサ。あれから、七年―。二人は行方不明となりその安否も確認できないまま、七年の月日が流れた。ある日、リサの弟・洋一に一本の電話がかかってくる。姉・リサからの思いがけない電話だった。彼女たちの消息を追い、七年前の事件について調べ始める洋一。浮浪少女・サオリとともに、事件の真相に迫っていくが…。リサ、マナブの行方は?事件に翻弄されたイズミ、エイミたちのその後は?洋一が新たに見つけた希望の光とは…。

投票コメント

PCゲーム界では名の知れた存在であった瀬戸口廉也さん。彼は人間の狂気から至る救いを書くのが非常にうまい作家さんです。この本はそんな彼が初期に出したPCゲームの続編ともいえるほど重要な本です。この本を読まなければ、彼は伝えたい思い、テーマを不十分な形でしか伝える事が出来ません。また、私達はその小説を読めないことにより伝えたい思い、テーマが最終的に伝わりません… 現時点で当時の製作者と私達、両方が不利益を被っています。 6年かかっていてもこうして難航しているという事は恐らく難しい注文なのかと思います。無理をご承知なのはわかっていますが復刊をお願いします!! PCゲームの方は現在、ダウンロード版という形でプレイする事が出来るようになっています。後はこの本だけなんです!! 彼はもっと評価されるべき人物です。どうかこの本に眠っている才能を埋もれさせないでください… (2015/09/28)

5

現在この本を読もうと思っても国会図書館にしか蔵書が無い為、気軽に手にとって閲覧する事が出来ない。 自分はCARNIVALのゲーム版をプレイした後にゲーム版と対になる小説版の存在を知ったが、その存在を知っていて読む事が出来ないと作品そのものに対して消化不良な感覚が残る。 是非とも復刊をお願いしたい。 (2011/06/26)

2

本編の物語が素晴らしく、後日談である小説版も多くの方に読んでもらいたいのですがいかんせん中古品でも高額なプレミアがついてしまっています。未だに色褪せない名作を小説版含め手にとっていただきたいので是非復刊をよろしくお願いします! (2018/08/05)

1

DL販売されているゲームをプレイしました。 大多数の人間に支持される内容ではないとは思いますが、 社会に適応でている振りをしている人間の心には深く刺さり、寄り添う内容でした。 CARNIVALという作品を最近知ったので、原本は未所有ですが、CARNIVALを完結させるこの小説の復刊を望みます。 (2017/08/15)

1

同名PCゲームの完結編ということで読みたいのですが、中古価格は暴騰しており、迂闊に手を出せません。また、国会図書館に蔵書が一冊あるとの情報もありますが、こちらを読むのも、地方民には難しいところです。一方で、PCゲームはダウンロード版が復刻しており、シナリオライターの方も近く新作をリリースするとのことです。今後はこの本もまた、需要が高まるでしょう。是非とも復刊していただきたく思います。 (2017/07/19)

1

もっと見る

新着投票コメント

唐辺葉介(瀬戸口廉也の別名義)さんのファンなのでぜひ読んでみたい。 2018年12月現在では中古品でも3万円前後の値が付いているため、なかなか手が出せない。 (2018/12/01)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/04/26
『CARNIVAL』が100票に到達しました。
2011/11/16
『CARNIVAL』が50票に到達しました。
2009/07/19
『CARNIVAL』(瀬戸口廉也)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る