1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『死亡した宇宙飛行士(J・G・バラード)』 投票ページ

死亡した宇宙飛行士

  • 著者:J・G・バラード
  • 出版社:NW-SF社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/06/05
  • ISBNコード:9784900244023
  • 復刊リクエスト番号:4260

得票数
82票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票コメント

バラードのファンになってから必死で古本屋をめぐる日々だが、殺人的な値段に卒倒するか、そもそも彼の他の著書すら置いていない、というのが現状… ニューウェーブ華やかりし頃に青春を過ごしたかった… ぜひ、復刊をお願いしたい。 (2006/09/11)

1

「コンクリートの島」が復刊されたのなら当然これも復刊されな きゃいけません。 というか、ハヤカワでも創元でもいいから版権整理して全集出 してくれないもんでしょうか。ついでに訳がいまいちなのは(ど れとは言いませんが)柳下さんか山形さんの新訳で。実現したら 最低2セットは買いますが。 (2003/10/22)

1

SF小説史上、いまも燦然と輝き、2002年1月現在新刊の翻訳が発売されているJ.G.バラードの注目すべき作品。『クラッシュ』(デヴィッド・クローネンバーグによって映画化もされている)と同様、都市と機械と、人間によって織りなされる生のかたちが、ここにもバラードによってスケッチされることになります。 しかし、そのバラードの作品も、非常な高値によって好事家の間をゆきかうばかりであり、入手はおろか、読むことさえもままならない状況になってしまいました。 時事的な技術の進歩によってもその価値をかわらず保ちつづけているという、まれに見るSF(もはやそれはSFではないかもしれない)として、この作品はあります。 (2002/01/31)

1

この短編集は、70年代3部作(「クラッシュ」「コンクリートの島」「ハイ・ライズ」)から「夢幻会社」へと、バラードのスタイルがより自由なものへと移行する間の過渡期の作品を集めた名作と聞いています。古書店を探しても見かけたことがなく、バラードのファンとして、ぜひとも読みたい1冊なので、復刊を強く希望します。 (2001/12/04)

1

『コンクリートの島』だったか、こっちだったか忘れたが、以前、目録で見たとき、とりあえず古書価はベラボーに高かった。1万円以上! お願いだから、再刊してくれ。70年代バラードの名作ばっか入ってんだもん、これ。 (2001/10/23)

1

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたい (2014/12/17)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2001/06/05
『死亡した宇宙飛行士』(J・G・バラード)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る