復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

3

投票する

ガラス箱の蟻

ガラス箱の蟻

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 3

著者 ピーター・ディキンスン
出版社 早川書房
ジャンル 文芸書
ISBNコード 9784150011444
登録日 2007/12/31
リクエストNo. 40733

リクエスト内容

早川書房ポケットミステリ1141 昨年扶桑社ミステリー文庫より「キングとジョーカー」が復刊したディキンスンの処女作にしてCWAゴールドダガー賞受賞作。
内容
太平洋戦争がはじまり、日本軍が侵入してくるまで、クー族はニューギニアの谷間で、宣教師のマッケンジー夫妻とともに平和な暮しを営んでいた。だが、その平穏な谷間も、ある日部落に傷ついた白人の飛行士が逃げ込んできたことから、日本軍の襲撃をうけ、村民のほとんどと宣教師夫妻が虐殺され一夜にして地獄と化したのだ。
それから二十数年後、生き残りのクー族は、ロンドンの一郭のアパートでほとんど外出せず、一日中青白いテレビを見、古い部族の儀式を守りながら暮らしていた。残り少ない一族がバラバラになることを恐れた酋長とクー族の一青年と結婚した宣教師の遺児のイブが彼らをニューギニアから連れてきたのだ。
ロンドン警視庁のピブル警視が手がけることになった殺人事件はそんな奇妙な環境の中で起ったものだった。殺されたのは酋長のアーロン。夜遅く外出から戻った所を、暗い踊り場で待ち伏せしていた犯人に一撃されたらしい。犯人は左利きらしいこと、被害者が握りしめていた両側ともに肖像のある妙な銅貨に何か意味がありそうなことはまず分かったが、それ以上のことはピブル自身全く白人と異なった風習をもつクー族の中に入っていかなければ分らぬことだった!─奇妙なシチュエイションに見事な本格ミステリを展開し、二年連続CWA賞受賞に輝く俊英、期待のピブル警視シリーズ第一作!

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全3件

  • 面白い作家なので、是非、としか云えない。
    ミステリ好きは多いのにどうしてこういう作家が埋もれてしまうんだろう? 不思議だ。 (2008/03/04)
    GOOD!0
  • 復刊希望 (2008/02/15)
    GOOD!0
  • 一度読んでみたいため。 (2007/12/31)
    GOOD!0

NEWS

  • 2007/12/31
    『ガラス箱の蟻』(ピーター・ディキンスン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!