1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『文無し男と絶叫女と罵り男の物語(エイモス・チュツオーラ著 椎名正博・樋口裕一訳)』 投票ページ

文無し男と絶叫女と罵り男の物語

  • 著者:エイモス・チュツオーラ著 椎名正博・樋口裕一訳
  • 出版社:リブロポート
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/01/23
  • ISBNコード:9784845709250
  • 復刊リクエスト番号:37526

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

千年の昔のこと、ラケツという町でとんでもない不運の元に三人の主人公が生まれた。

王子として生まれたのに貧乏と悲惨という運命をしょいこんだ「文無し男」、絶え間なく絶叫し戦い続ける「絶叫女」、どこまでも邪悪でものぐさな「罵り男」。

この三人、次々と混乱を引き起こし町から追い出されるはめになる。
異国の町々をさまよい続け、巻き起こす大騒動数知れず…。
随所に挿入されるヨルバ族の諺もとぼけた笑いを誘う。
いわば神話的な時空の中に繰り広げられる、アフリカ流運命の不条理の物語。
『やし酒飲み』で知られるナイジェリアの奇才チュツオーラ会心の作。

日本版は1994年出版。装画は鈴木康司。

Amos Tutuola
PAUPER, BRAWLER AND SLANDERER

登録者の評価★★★★★★★★★★

新着投票コメント

いやいや 読んでみたいでしょう 変な諺もあるらしいし (2008/11/12)

0

タイトルだけでそそられる。その上スズキコージさんの大ファンなので。 (2008/10/29)

0

とりあえず。 (2007/03/12)

0

実に面白い物語です。ぜひ復刊して欲しい。 (2007/01/23)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2007/01/23
『文無し男と絶叫女と罵り男の物語』(エイモス・チュツオーラ著 椎名正博・樋口裕一訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る