復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

1

投票する

犬の消えた日

犬の消えた日

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 1

著者 井上こみち・作、頓田室子・画
出版社 金の星社
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784323009186
登録日 2007/01/20
リクエストNo. 37501

リクエスト内容

戦時中に愛犬を奪われた体験について書かれた本。
太平洋戦争末期、全国の動物園の猛獣だけでなく、一般家庭の飼い犬も「供出」という名目で殺された事実があった。
そのような中、戦争に出征させなくていいという理由で柴犬を飼っていた一人の少女がいた。その柴犬は「東亜」という名前だった。当時は食料難だったので、犬を飼える余裕のある家は少なかったが、少女の家族は自分たちの分を削ってでも犬に食べさせるほどの犬好きだった。だが、やがて東亜のところにも供出の命令が下される日が来る。
供出の朝、東亜になけ無しの米で炊いた赤飯に、味噌汁をかけてやり、おなかいっぱい食べさせてやる。警察署の中庭に集められた犬たちは、自分たちの運命を分っているのか、鳴き声ひとつ上げない。それは東亜も同じだった・・・

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全1件

  • n

    n

    NHKラジオ『土曜ジャーナル』という報道番組で、この本のことが取り上げられ、ものすごい衝撃を受けました。戦争の悲惨さを多くの人に知ってもらう為にも、是非復刊して頂きたいです。 (2007/01/20)
    GOOD!0

NEWS

  • 2007/01/20
    『犬の消えた日』(井上こみち・作、頓田室子・画)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!