1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『探偵小説昔話(横溝正史)』 投票ページ

探偵小説昔話

  • 著者:横溝正史
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/06/07
  • 復刊リクエスト番号:331

得票数
68票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

横溝正史の第2随筆集。
昭和50年に「新版横溝正史全集(全18巻)」の最終巻として刊行され、その後再刊されていないため、現在入手が難しくなっています。
中でも、金田一耕助の年齢を「かれは私より十一歳年少である」とハッキリ記した「贋作楢山節考」や、生まれ育った神戸の街や住居に触れた「わが町・わが本」は横溝ファン必読の一編だと思います。

投票コメント

直木賞作家、京極夏彦の「陰摩羅鬼の瑕」にも登場していた、大横溝。氏の考え方の一端が覗ける随想集なら、是非読みたい。現代のミステリー界の礎を築いた人。乱歩以上に、その影響は大きかったかもしれない。ふと、今読めないのが残念。 (2004/01/24)

1

江戸川乱歩と並んで日本の推理小説界の草分け的存在であるにも関わらず、その研究資料は少なすぎるのではないでしょうか? 彼の作品はそのおどろおどろしさや、金田一耕介の名推理といったものだけが取りざたされますが、作品には戦後の激動の時代の世相も反映されており、横溝正史氏の人生の辛酸なども表れています。 今後より作品を味わい深くするために、この本をぜひ読んでみたいです。 (2001/12/28)

1

横溝正史は一過性のブームではなく、現在もコンスタンスに出版され、人気を維持しています。 氏の随筆や初刊本のあとがきなどを集めた本書は、若い読者が横溝作品を読む際の入門書としてうってつけであると考えます。 新書・文庫などの普及版で、ぜひとも復刊をお願いいたします。 (2000/06/07)

1

横溝正史研究本が刊行される中でこの本が今読めないのはいけないと思う。「探偵小説五十年」と共に復刊してもらわないと (2013/05/16)

0

tak

tak

随筆、面白いんですが、絶対的にすくない。是非よみたい。 (2011/04/19)

0

もっと見る

新着投票コメント

ミステリファンのためにも,ぜひ復刊を。 (2014/03/30)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/06/07
『探偵小説昔話』(横溝正史)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る