1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『過激にして愛嬌あり・宮武外骨と「滑稽新聞」(吉野孝雄)』 投票ページ

過激にして愛嬌あり・宮武外骨と「滑稽新聞」

  • 著者:吉野孝雄
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/03/07
  • ISBNコード:9784480026101
  • 復刊リクエスト番号:32971

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

実は中身を見た事がありません。
でも、宮武外骨です。
期待を裏切る事はない面白さだと思います。
だって、キッチュでポップな明治のジャーナリストですから。

投票コメント

雑誌BRUTASにて紹介されており興味を持ちました。調べれば調べる程、読みたい本・手元に置いてじっくり鑑賞したい本だと思いました。奇抜ではあるけれど、これほど現代に合う人物はいないのでは。ぜひ復刊を!! (2010/02/17)

1

明治~大正期の「反骨」「異色」のジャーナリスト。昭和に入ると、東京帝国大学法学部の「明治新聞雑誌文庫」のため全国の旧家を回って収集を行い、その新聞等の資料は文化史としての歴史的価値があるものとして、現在も東京大学に所蔵され、広く研究のための利用に供されている。興味があります。ぜひとも読んでみたいです!!! (2008/01/09)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/03/07
『過激にして愛嬌あり・宮武外骨と「滑稽新聞」』(吉野孝雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る