1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『手塚富雄著作集 全8巻(手塚富雄)』 投票ページ

手塚富雄著作集 全8巻

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ゲーテ、ニーチェ、ヘッセやヘルダーリンなどの翻訳や評論活動で有名なドイツ文学者、手塚富雄氏の評論をまとめた著作集です。1981年~82年出版。

登録者の評価★★★★★★★★★★

<巻立て>

第1巻~第2巻 ヘルダーリン

第3巻~第4巻 ゲオルゲとリルケの研究

第5巻 ドイツ文学論
ゲーテの世界の特質/ゲーテの詩論についての断想/「ファウスト」における死の問題/「ファウスト」一つの読み方/「若きウエルテルの悩み」/ヘルダーリンにおける愛の問題/ヘルダーリンにおけるキリストの問題/ドイツ近代詩人論/クライスト「アンフィトリオン」/シュトルムの「みずうみ」その他/コルベンハイヤー「神を愛す」/ハイデカー「ことばについての対話」/三つの答/ハイデカーとの一時間/ドイツ文学の主性格/現代ドイツの抒情詩/トラークル小論/現代詩人としてのトラークルの位置/二つの老年詩/日独修好百年と文学/わが道-ドイツ文学

第6巻 ドイツ文学あれこれ
ゲーテ随想/いきいきと生きよ-ゲーテに学ぶ/紹介二、三/現代の詩人たち/ドイツ文学案内/学篇ドイツ文学史 

第7巻 文芸・文化評論
見てしまった人-川端康成/志賀文学における物象感など/有三文学の本性/作家スケッチ/文芸評論/書評・鑑賞・その他/文化の諸問題/一演劇ファンが語る/ことばの諸相/宗教をめぐっての断想

第8巻 回想と随想
一青年の思想の歩み/随想集/種々の回想/人生論的に/日々の感想/人、遠近より/あとがき

新着投票コメント

kai

kai

手塚さんの訳は訳というより口伝みたいに 文章から伝わってくるものがあって 全集もぜひてにとってみたい。 (2009/09/13)

0

是非復刊を。 (2009/07/22)

0

いろんなところで目にするので。 (2009/01/30)

0

手塚氏の翻訳が日常的に手に入る環境をぜひ作るべきだと思います。翻訳の重要性を実感します。 (2009/01/26)

0

碩学の集大成、どうぞよろしく復刊願います。 (2007/09/26)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/12/07
『手塚富雄著作集 全8巻』(手塚富雄)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

エッセイに関するQ&A

白黒の写真のページが時々出てくるエッセイ本

4年ほど前に娘が大学に入学し上京した時、立川駅のお洒落な本屋さんで買って読みました。女性向けという感じ。表紙やタイトルは覚えていないのです。わりと薄い文庫本でした。 かすかな記憶しか無いのですが、...

TOPへ戻る