1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『パリ吸血鬼(クロード・クロッツ)』 投票ページ

パリ吸血鬼

  • 著者:クロード・クロッツ
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/11/12
  • ISBNコード:9784150403379
  • 復刊リクエスト番号:31478

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ハヤカワ文庫NV 訳者:三輪秀彦 発行:昭和58年11月
作者:フランス文学の人。1968年デビュー。本書は「ひまつぶし」「アメリカを買って」(75年)に続いて三作目。初期作品集。
内容:怪奇幻想の物語が好き。でも、夜寝れなくなる物語は、ちょっときつい。とか思う人向け(ホントか?)。きっと夜よく眠れます。

<収録作品>

●パリ吸血鬼
(本書の2/3を占める長編。由緒正しいドラキュラの息子が吸血鬼として現代に適応しようとしつつ全然できてない。落ちぶれ方がリアルな悲しいおかしい物語。でも愛しい物語。)

他の短編(どれも静かなお話。)
●運命
●交換
●狂気
●ダンフェール(個人的に一番悲しかったお話。世界の誰も同意してくれなくても。)
●父
●秘密
●夜会
●オクターヴ

新着投票コメント

『パリ吸血鬼』のあらすじを知って、面白そうだなと思いました。 (2010/08/24)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/11/12
『パリ吸血鬼』(クロード・クロッツ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る