復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

15

投票する

森の少女ローエラ

森の少女ローエラ

復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 15

著者 マリア・グリーペ
出版社 学習研究社
ジャンル 児童書・絵本
ISBNコード 9784050036844
登録日 2005/10/28
リクエストNo. 31308

リクエスト内容

黒い目黒い髪を持つ12歳の少女ローエラは、船の炊事婦をしている母親に代わり、幼い双子の弟の世話をしながら、人里離れた森の奥にある小さな家で暮らしています。
ある日、母親が急にアメリカに働きに行くことになり、ローエラは森から離れ、町の児童施設で暮らすことになり・・・。
子どもたちの生活や心理がこまやかに描かれています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全15件

  • ストーリーもさることながら、いい香りのする石鹸とか、赤い珠のネックレスとか、外国の切手とか、エピソードに出てくるアイテムのひとつひとつが、どれもとても印象的です。
    それから、挿絵も大好きでした。
    真っ黒な強い瞳のローエラ。
    あの挿絵のローエラ以外ありえないってぐらいのインパクト。
    復刊を望みます。 (2011/09/01)
    GOOD!1
  • マリア・グリーペがすきなので。
    未読なので、おかあさんがアメリカに働きに行くって時代背景は?とか移民?とか気になること満載です。ローエラのとなえていた言葉とは?などなど。困りました。とっても読みたくなりました。 (2008/10/24)
    GOOD!1
  • 子供の頃に読んで、深い衝撃を受けました。ただ子供だったせいかラストの意味がいまひとつよくわからず、いまでも首をかしげる始末です。少し大人になった自分が再読してどう思うのか。ぜひもう一度読んでみたい一冊なのです。 (2008/03/19)
    GOOD!1
  • 子供のころ、図書館で借りて何度も読みました。
    友だちとコックリさんのようなゲームをしているところや、
    不思議な呪文を唱えるシーンなどが印象に残っています。
    当時は難しくてよく理解できない部分もあったので、
    大人になった今ぜひもう一度読みたいです。 (2007/03/08)
    GOOD!1
  • お母さんからの仕送りが足りなくなってゴミ箱をあさったローエラが、
    「ノミのローエラ!」とはやしたてられる場面。
    施設で同室になった不良少女のモナが夜中に涙をこぼし「親とは別れても兄弟とは離れたくない」と思いを語る場面。
    お店中の石鹸を出してもらって、思い出の香りを探す場面。

    印象深いエピソードがたくさんあり、心に残る本でした。
    復刊をお願いします。 (2005/11/03)
    GOOD!1

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2005/10/28
    『森の少女ローエラ』(マリア・グリーペ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!