1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『古書まみれ 古本界の裏おもて(中川道弘)』 投票ページ

古書まみれ 古本界の裏おもて

  • 著者:中川道弘
  • 出版社:弓立社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/07/03
  • ISBNコード:9784896677676
  • 復刊リクエスト番号:29648

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

今は無き古書マニアの殿堂「上野文庫」店主の古本業界エッセイ。内容は超々面白いがネタバレにより書けない。著者とは親交があったので、東京・御徒町にあった上野文庫の思い出を述べ、本の内容を想像して欲しい。大型書店を退職后、上野・御徒町に小さな古書店を開く。大衆演芸が専門だったが、任侠関係の義理回状から、戦前の大川周明・北一輝といった極右書、ナチズム、特高、朝鮮総督府の施政書に至る迄、何でも揃う古書店だった。川島芳子の色紙や徳川慶喜の署名切抜、甘粕正彦・辻政信・石原莞爾・南方熊楠・宮武外骨の書物も殆ど揃っていた。自分が復刊ドットコムに登録している本の大半は、上野文庫が出所である。店主が読み興味を持った本(特に類書の無いもの)しか書棚に置かず、古書目録も、一冊一冊寸評が入り面白く、「私が古本市の目録に出品すると、他の店も影響されて結構寸評を入れる様になった。主催者も面白いからもっとやって呉れと言う。ウカウカしていると潰れると云う緊張感を持たないとね」と仰っていた。東アジア反日武装戦線KF部隊(準)の「腹腹時計」を買った時、「こんなのを買う奴がいるとは」と店主に言わしめ、かなり偏屈なマニアとして覚えてくれた様だった。話題も広く、中華民国の軍閥混戦から文革やオウム真理教、チュチェ思想にチャウシェスクの演説迄、本当によくおしゃべり(来客は多くなく、一般の人がブラリと普通の古本屋だと思って入っても、異様な雰囲気に直ぐに出て行く有り様)した。目録買い等では、いつも関東軍やらの史料が落ちたので「一番興味を持っていそうな人」に当てた様である。これ程の書物を、ちょくちょく出品していた上野文庫だが、ある日、突如として閉店してしまう。最後に会ったのは2003年の6月、少し顔色が悪いなとは思ったが、「中川さんの著作を前からいつも読もう読もうと思っていたのに、何だか機会がなくって。今日、買ってみようかなと思って」と言うと、ニコッと笑みがこぼれたのが、とても印象に残っている。その少し後、常連客に今迄の愛顧に対する礼状が届いた。人づてに聞いた話だが、亡くなられたとの事。泪がこぼれた。今や伝説となった上野文庫に(古書蒐集家の端くれとして)入り浸させて貰い本当に有難う。ご冥福を祈ると共に、当書により沢山の人に中川さんの生き様を知って欲しい。(神保町のキントト文庫の扱う古書が、同系統です!好きになりました)

投票コメント

吾こそは、亡き「上野文庫」の崇拝者にして最後の残党なり。波乱万丈にして壮絶なる中川先生の遺志を、今后も「復刊ドットコム」に反映させていく所存です。「上野文庫」の常連だった皆様、また「上野文庫」を初めて知った方々にも、是非とも投票による御支援を賜りたく何卒宜しく御願い申し上げます。古書の復刊希望登録により、中川先生は死すとも、このサイトの中で思いを発信し続けられ、即ち生き続けられます。もし宜しければ、当方の他のリクエストも是非御高覧ください。殆どの史料は、御徒町・上野文庫にて入手しております。(奇書を多数登録中) ※ 古書店での入手難易度 ★★☆☆☆ (2005/07/03)

1

オーナーさんの内容紹介の文章を読んで非常に興味をもちました。 (2006/09/02)

0

古書大好きの私としてはぜひ読んでおきたい一冊です (2005/07/03)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/07/03
『古書まみれ 古本界の裏おもて』(中川道弘)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る