1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ケストナーの終戦日記(E.ケストナー)』 投票ページ

ケストナーの終戦日記

  • 著者:E.ケストナー
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2004/09/21
  • ISBNコード:9784828831213
  • 復刊リクエスト番号:26005

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ケストナーが体験した第二次大戦ベルリン最後の日

投票コメント

世界のここかしこにきなくささが立ちこめている現在、もう一度原点に返って考えてみるために、読んでおきたい作品の一冊だと思います。しかし、書店で手軽に入手できないのが残念です。どの出版社からでも結構です、ぜひ復刊してください。 (2006/05/17)

1

是非もう一度読みたいです。 (2006/05/27)

0

昔私が持っていたときは、確か駸々堂出版でした。 残念にも、駸々堂が消滅してしまったため、再取得できませんでした。 (2005/07/01)

0

私もケストナーが好きです。ドイツという国にも興味があるので、ぜひ読みたい一冊です。 (2004/12/25)

0

私もケストナー大好きなので、読んでみたいです。 (2004/11/10)

0

もっと見る

新着投票コメント

ぜひ読んでみたいです。 (2006/12/30)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • グデーリアンの回想録では書けない事

    f.m. 2019/01/13

    グデーリアンの回想録では宣伝省に依頼されてラジオで演説した事が書かれているが、「そしてドイツ軍がロシアを進軍している間、『悪魔の人焼きかまど、ガス室、その他類似の病的な空想の産物など』を自分は全然みとめたこそはない、というのだ」とケストナーが引用している事は書けない。推薦文を寄せているリデル-ハートは知らないのだろうか?グデーリアンについて書いている文章で、このおぞましい発言を触れているものを見た事がない。グデーリアン将軍は「零時」の後に知ったかのように書いているが「悪魔の人焼きかまど、ガス室」という言葉を言及しているから、少なくとも連合国軍側の宣伝くらいは当然、知っている。ヴラーソフの部隊がアメリカ軍に派遣した軍使も出て来る。どこの部隊だろう?

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/09/21
『ケストナーの終戦日記』(E.ケストナー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

TOPへ戻る