1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『馬場辰猪(萩原延壽)』 投票ページ

馬場辰猪

  • 著者:萩原延壽
  • 出版社:中央公論新社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/07
  • ISBNコード:9784122023383
  • 復刊リクエスト番号:19249

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

自由民権運動家として活躍した馬場辰猪(1850-88)が、土佐藩の武士の家に生まれてから、失意と病苦の中でアメリカのフィラデルフィアで39才の生涯を閉じるまでを描いた評伝。歴史家萩原延壽氏(1926-2001)の最初の著作であり、1968年第3回吉野作造賞受賞作品。

投票コメント

萩原延寿氏の『陸奥宗光』は読んだことがあります。すばらしい伝記です。『馬場辰猪』は未だ読んでませんが、明治の自由民権運動における自由党、それを構成していた星亨や馬場辰猪といったひとたちには、大変興味があります。 (2003/10/25)

1

馬場辰猪の伝記として、この上なく素晴らしい本です。 もっと多くの方の目に触れられるよう、復刊を希望しております。 (2006/10/20)

0

数少ない馬場の研究本であり、良書です。 是非とも復刊を希望いたします。 (2006/01/11)

0

煌

是非読みたいです。 (2005/09/03)

0

(2004/10/28)

0

もっと見る

新着投票コメント

興味があります。 (2008/01/10)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2008/01/31
『萩原延壽集 1』販売開始しました!
2003/09/07
『馬場辰猪』(萩原延壽)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

TOPへ戻る