1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『特だねベル子さん/オフィス7(横山光輝)』 投票ページ

特だねベル子さん/オフィス7

  • 著者:横山光輝
  • 出版社:集英社、マガジンハウス
  • ジャンル:コミック・漫画
  • 復刊リクエスト開始日:2003/08/14
  • ISBNコード:9784778031527
  • 復刊リクエスト番号:18694

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

昭和37年から40年にかけて、雑誌「明星」と「平凡」にて連載された軽妙なタッチの探偵漫画です。横山作品にはめずらしく大人の男女のロマンスが大きなテーマとなっており、読後感がさわやかな佳作だと思います。横山クラブの会報誌「オックス」にて一部復刻されていますが、ぜひ全編を通じた単行本化を強く希望いたします。

投票コメント

時代もの、SFもの、のちには中国古代もの作家という印象が強い横山光輝の、これは実に明るいロマンチックサスペンスのシリーズ。明星などのスター情報誌に連載されたことや、当時はスリルとサスペンスが人気だったということが背景にある。しかし、赤いタイトスカートのスーツに身を包んだベル子さんはまことに清楚でセクシーだった。この作家は注文に応じてどんな主人公でも書ける器用さがあり、良く似た顔の登場人物を大量に出しても平気という図太さもある。マア、実に職人的なひとだったが、数少ない現代物は、どっちかというとヤクザなギャング風の男を主人公にしたものが大半。女も整った顔と薄い色の髪の情婦タイプばかりで、カッコイイ女性のヒロインはベル女史ばかりだった。きっと彼女の幼い頃は、おてんば天使か魔法使いサリーに似ていたろう。 (2012/06/17)

1

絵柄が劇画調?になる前の横山光輝の女性キャラクターには品がある。 (2008/10/05)

0

読みたい (2006/09/27)

0

一度も単行本化されていないと思います。是非、読みたいです。 (2006/02/09)

0

面白そうだ。 (2004/10/11)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたいと思い、別のサイトで注文したけど、品切れ状態になっていて買えなかったので、読んでみたいです。 (2019/04/13)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

オフィス7 横山光輝
2,052円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/02/10
『オフィス7』販売開始しました!
2003/08/14
『特だねベル子さん/オフィス7』(横山光輝)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

小学館に関するQ&A

川原由美子先生の……。

川原由美子先生 最近私検索しても 単行本が何処から出ているのかわからないです。 小学館の本でも 持ってない作品がありますので どこの出版社で どんな話があるのか 教えて下さい!!

TOPへ戻る