復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

13

投票する

新しいSF




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 13

著者 ラングドン・ジョーンズ
出版社 サンリオ
ジャンル 文芸書
登録日 2003/07/17
リクエストNo. 18000

リクエスト内容

1960年代イギリスのニューウェイヴSF作家によるアンソロジー。実験小説の傾向が強いので読みにくいかも。以下収録内容。

北線の十四の駅/マイクル・ムアコック
北京交点/ジャイルズ・ゴードン
鈍足な自動車洗浄/ジョージ・マクベス
蜻蛉の眼の不安/ジェイムズ・サリス
新しいサイエンス・フィクション/バラード&マクベス
プラハから遠く離れて/ブライアン・W・オールディス
方向/チャールズ・プラット
ポスト・アトミック/マイクル・バターワース
トマス・トンピオンに(詩)/マイクル・ムアコック
ジョニ・ミッチェルのためのサイエンス・フィクション・ストーリー/マカシム・ジャクボウスキー
使徒たち―経営の冒険/ジョン・スデラック
適合する臓器提供者を求めて/D・M・トマス
心のオランダ /パメラ・ゾリーン
五点形/トマス・M・ディッシュ

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全12件

  • 1979年12月30日初版発行 446頁 580円 野口幸夫訳
    その昔、高橋源一郎が無茶苦茶貶していたのを読んで「読もう」という気がなくなり、本箱の隅に埃をかぶったままでした。
    ニューウェーブSFについては好みが分かれそうですね。私も読み返してみます。 (2004/02/15)
    GOOD!1
  • どの作品にも愛着があるのですが、「心のオランダ」は '60年代ニュー・ウェーヴSFの生み出した最良の作品のひとつです。ゾリーンは作品を二編しか発表しなかった寡作家なので(この作品と「宇宙の熱死」のみ)ほとんど誰も問題にしませんが。
    D・M・トマスの詩「適合する臓器提供者を求めて」には泣きました。いま読み返しても泣けます。
    読みにくい翻訳だと言う人もいましたが、自分は気に入ってます。必ずしも翻訳のせいとばかりは言えない。もともと原文が解り易く書かれていませんから。 (2003/08/30)
    GOOD!1
  • 'New Worlds'系作家陣揃い踏みの贅沢本ですね。
    収録作品がどうこうよりも、60年代、というSF史上特異な時代を感じることができる、貴重な一冊であろうと思います。アメリカのニューウェイヴSF作家の作品集などと読み比べるのも面白い。
    ムアコック氏が「SF作家」だったころの作品と詩、というのにも食指が動きます。 (2003/07/17)
    GOOD!1
  • 多分にもれずムアコック目当てですが、ジョニファンでもあるので (2016/07/31)
    GOOD!0
  • 復刊は不可能だと思うけど、心意気に感じ入ったので一票。渋すぎます。 (2009/03/24)
    GOOD!0

もっと見る

NEWS

  • 2003/07/17
    『新しいSF』(ラングドン・ジョーンズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!