1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『メアリー・ポピンズとお隣さん(パメラ・リンドン・トラヴァース、荒このみ)』 投票ページ

メアリー・ポピンズとお隣さん

  • 著者:パメラ・リンドン・トラヴァース、荒このみ
  • 出版社:篠崎書林
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/06/22
  • ISBNコード:9784784104765
  • 復刊リクエスト番号:17528

得票数
30票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

メアリー・ポピンズはこれまで三回桜町通りのバンクス家を訪れていますが、『とびらをあける~』で姿を消して以降、バンクス家へ戻ってくることはありませんでした。この『メアリ-・ポピンズとお隣さん』は、メアリーが滞在している間の番外編的なお話です。

投票コメント

子供の頃、何度も何度も読んだ大好きなメアリーポピンズの本。4冊しかないものだと思っていて、大人になった今、番外編があったことを知りました!!ぜひ、ぜひ、手もとに置いて読みたいです!ぜひ、復刊してください。よろしくおねがいします。 (2011/01/23)

1

小学生の頃、岩波書店から出ていた4冊を図書館で繰り返し借りて読みました。それこそ貸し出しカードを私の名前で埋めるほど。 その後その4冊は自分で購入し、未だに読み返したりしますが、この本は存在を知ったのが遅く、出版されたいたことを知った時には既に絶版で入手不可能でした。どうしても読みたいんです。よろしくお願いします。 (2010/09/23)

1

ディズニーでのDVDスペシャルエディション発売をきっかけに、子供の頃に夢中で読んでいたメアリー・ポピンズシリーズを読みたくなり書店に行ってみたところ、絶版になっているものがあることを知りました。ぜひ読んでみたいので復刊を待ち望んでおります。 (2005/02/13)

1

小さい頃から一番のお気に入りの本がメアリー・ポピンズの本でした。物語の雰囲気とか、挿絵がとても可愛らしく、子供から大人にまで夢をくれる本だと思っています。今まででは、岩波少年文庫では4冊しかなかったのでそれでおしまいかと思っていたら、最近この本がある事を知り、買おうと思ったのですが絶版だったのでとても悲しかったです。復刊して欲しいです。 (2004/05/12)

1

『さくら通りのメアリー・ポピンズ』の方は持っているのですが、この『メアリ-・ポピンズとお隣さん』という話は、ごく最近までその存在すら知りませんでした。以来とにかく読みたい…!と心を揺すぶられ、図書館を捜し回ってはいるのですが、見つけられず歯痒い思いをしています。激しく復刻を希望します。 (2003/06/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

メアリー・ポピンズは子どもの頃から大好きで、いまだに自宅の本棚にあります。シリーズの番外編があるのを始めて知りました。 (2014/01/29)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • メアリー・ポピンズとお隣さん

    メアリー・ポピンズとお隣さん

    25 個

    【著者】P.L.トラヴァース 著 / 小池三子男 訳
    【発送】3~6日後

    2014年は、映画『メリー・ポピンズ』製作50周年。 その映画誕生に隠された、原作者P.L.トラヴァースとウォルト・ディ...

    1,512 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/01/27
『メアリー・ポピンズとお隣さん』復刊決定!
2003/06/22
『メアリー・ポピンズとお隣さん』(パメラ・リンドン・トラヴァース、荒このみ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2007/11/07
「メアリー・ポピンズとお隣さん」「さくら通りのメアリーポピンズ」「メアリーポピンズAからZ」にリクエストをくださった皆さまにお知らせです。

ブッキングのスタッフ会議で復刊にあたっての調査を開始しました。
新たな情報が入り次第、こちらのブログにてお知らせいたします。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

TOPへ戻る