1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『座布団(剛しいら)』 投票ページ

座布団

  • 著者:剛しいら
  • 出版社:光風社出版
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/06/15
  • ISBNコード:9784415088037
  • 復刊リクエスト番号:17422

得票数
178票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

JUNE誌に連載されていた「座布団シリーズ」だそうです。

投票コメント

落語に興味がなくても知識がなくても、十分に楽しめる傑作! 主人公の森野要は、ある落語家の噺を聞いてフツーのサラリーマンからいきなり落語家を目指すのですが、入門先の兄弟子と恋に落ちて……、というようなお話です。 いくつかのお話が収録されていますが、どのお話も胸にじーんと感動の波が押し寄せてきて、味わい深い読後感。 要の恋人・寒太や、師匠の初助など登場人物も魅力的で、落語だけにそれぞれのお話のラストが秀逸なのです。 品切れになったあと著者が自費出版した同人誌でも読むことはできますが、多くの人に読んでもらいたい作品なので再び商業出版されることを望みます。 (2008/01/17)

1

それはズバリ名作だからです。 「座布団」と共に続編の「花扇」も絶版とは残念でしかたありません。山田ユギさんのイラストも楽しみなので、是非復刊して欲しいです。 ただ、クリスタル文庫さんの最近の出版状況によると復刊が不可能なのかもしれません。 それなら同じ山田ユギさんのイラストで、どちらか他社さんで「座布団」と「花扇」共々新装版で出してもらえないのでしょうか…。 (2007/09/22)

1

『花扇』を読んでから『座布団』の存在を知りました。 現在『座布団』は剛しいらさんが自費出版で出されています。 イラストは入っていないのですが、文章は全く同じもののようです。 そのあとがきの中で「出版社に再版の依頼が何件もありましたが諸事情により難しいとのこと。そこで出版社に相談したところ自費出版の許可を戴いた」とのことでしたので、商業誌での再版は難しいのかも知れません。 でも、できたらイラスト入りのものを読みたいなと思って投票してみました。 (2007/07/29)

1

遊

最近になって剛しいらの「花扇」の方を読みました。落語の世界を舞台にしたBLは初めてです。物語としてもとても面白かったし、恋愛物というより情話とでも言ったらぴったりくる小説でした。もともと落語が大好きなので作中に出てくる「噺」もモチロン何度も聴いたものばかりで、この作品のファンの方には是非CDでもいいから聴いて欲しいと思います。 その上巻とも云うべき「座布団」が読めないなんて、非道い。欲求不満になります。復刊されたら必ず書店で正規の値段で購入します。 おねがいです。復刊させてください。 (2007/02/21)

1

BLレビューサイトでこの本の名前を見かけると必ずと言っていいほど絶賛されていますし、ダ・ヴィンチでもBL芥川賞にノミネートされていたので気になりました。また挿絵が山田ユギさんというのも心引かれる魅力のひとつです。 自分なりに古本屋で探すも、まんだらけで3000円など、高額値段を見てはげんなりします。出版社さんや作者さんにお金が行くというならまだしも…。 BLでこれぞという名作にはなかなかめぐり合うことがありません。ぜひ砂の中のダイヤを復刊させてください。 (2006/10/20)

1

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたいです (2010/09/17)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

座布団 剛しいら 著 / 山田ユギ 画
1,188円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/10/20
『座布団』が規定数に到達しました。
2003/06/15
『座布団』(剛しいら)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2006/10/20
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る