1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『麒麟都市3(小野不由美)』 投票ページ

麒麟都市3

  • 著者:小野不由美
  • 出版社:(サークル)麒麟都市
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/08/03
  • 復刊リクエスト番号:1308

得票数
648票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

小野不由美オンリーイベント「麒麟都市」の3回目を記念して発行された同人誌です。
小野不由美さんの書いた十二国記外伝「帰山」が収録されています。
「奏国の彷徨える次男坊が、清漢宮の窓から久しぶりの帰還を果たす。迎えるのは相変わらずの四人と一匹。それを確かめるために、彼は戻ってくる。「彼の場所」へ。」
現在では、ほぼ入手不可能な逸品です。

投票コメント

十二国記のシリーズは、さまざまな形(同人誌、CDブック)で世に出ているので探して入手するのに困ります。すでに正規のルートでは入手できないものは、なんとかしてほしい!!です。 十二国のことをもっと正確に知りたいのでよろしくお願いします。 (2006/11/06)

1

小野不由美先生の書かれている話は内容がとても充実していてその世界観などに引き込まれる魅力があります。最近になっていろいろな本が絶版になっているのを知り悲しく思っています。是非最近ファンになった人達に読む機会を与えてください。お願いします! (2004/08/13)

1

十二国シリーズ大好きです。文庫本に収録されていない作品ならば、なおの事読んでみたいです。 ここ1、2年はせっかく『アニメ化に~本編に~』、と活動があったのに、近頃は本編の活動がおとなしくなってしまいました。・・・また数年読者は待たされそうなので、原稿があるうちに、日の目を見せてください!! (2004/04/15)

1

地方の人間にとっては絶対的に存在すら知りえないでしょう。実際これは知りませんでした。ご本人の同人誌となればなおお目にかかりたいもの。当時の人だけが入手できるというのが売りかもしれませんが、行くことのできない人の気持ちを考えてほしいのが同人誌だと思います。ご本人のお手を煩わせてしまう事必至なので、かなり困難を極めるとは思います。お忙しいでしょうがそれでも頑張って実現させてほしいですね。 (2004/03/26)

1

前々から小野不由美さんの本のファンで、ファンならやはり小野不由美さんが書かれた本を全て読んでみたいと思うでしょう。何しろ、小野不由美さんの本は絶版ものが多くて、泣けてきます。読んでみたいのは山ほどあります。これもその1つです。一二国記シリーズはやはり名作!っと言っていいほど素晴らしい作品です。是非復刊して皆々様に読まれて頂きたいと思う次第です。 (2004/01/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

こちらで初めて知りました。難しいでしょうが、読んでみたいと思い、投票します。 (2018/08/08)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2000/09/17
『麒麟都市3』が規定数に到達しました。
2000/08/03
『麒麟都市3』(小野不由美)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2000/12/16
残念ですが
復刊ドットコムにご投票頂き、ありがとうございます。
皆さまにリクエスト頂いた書籍は、残念ながら、私たちの力が及ばず
当面の復刊が難しい状況となりました。私どもとしても、表から裏から、
簡単には諦めずに手を尽くしましたが、どうしても出せぬ事情が存在し、
その願いはかないませんでした。非常に無念です。いつの日か、この状況が
変わらないとは限りませんので、投票はこのまま預からせて頂きますが、
当面は本報告やむなしという状況になりました。われわれの非力を、心より
お詫び申し上げます。今後とも、一層の精進を重ね、著者と読者が復刊とい
う場で出会えるよう努力いたしますので、これまでに倍するご指導、ご鞭撻
をお願い申し上げて、ご報告にかえさせて頂きます。
2000/09/17
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

TOPへ戻る