復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

12

投票する

地獄のドンファン




復刊活動にご賛同の方は
リクエスト投票をお願いします。

投票する

得票数 12

著者 谷弘児(谷弘兒)
出版社 東考社(桜井文庫)
ジャンル コミック・漫画
登録日 2002/10/06
リクエストNo. 12636

リクエスト内容

ガロに掲載された「探偵・陰溝蠅兒シリーズ」の谷弘兒の長篇。
江戸川乱歩やラブ・クラフトの影響が感じられる特異な作風で知られています。
本作は1984年に東考社から「谷弘児」名義で出版された作品ですが、出版元は既に存在しないようです。
同じシリーズとして出版された「怪傑蜃気楼」は、2001年に青林工藝舎から復刻されています。

関連キーワード

キーワードの編集

投票コメント

全12件

  • 思えばン十年前、ガロで大谷弘名義の作品をみたのが、氏との出会いでありました。エロにもグロにも気品が感じられ、誰にも真似できない作品世界。
    登場人物たちは美しく華麗でありながらお茶目なところもあり、氏のお人柄がうかがえるようです。数少ない氏の単行本のなかでも、もっとも貴重な一冊と思います。ぜひ本作品をこの眼でみたい、と切望しております。 (2010/11/12)
    GOOD!1
  • '70年代末から'80年代初めの『ガロ』に掲載され、東考社の桜井文庫化された谷弘兒
    氏の連載作品群のうち、復刊されていないのは本作と『女戦士セアラ』だけです。
    特に本作は、姉妹編として描かれ青林工藝社から既出の『怪傑蜃気楼』や『薔薇と拳
    銃』以上にクトゥルー世界に近く、こちら方面へのプロモーションを意識すること
    で、前出の2冊同様かそれ以上に、より広い読者層をつかめるはずなのですが……。
    ちなみに私が所持している東考社・桜井文庫版はしっかり管理しているはずにもかか
    わらず経年劣化が著しく、ベタ地に白抜き文字が判読不能になっています(T_T)。 (2005/09/26)
    GOOD!1
  • 稀覯本なのでまだ目にした事がありません。
    古書市場では高値で取引きされているようです。
    青林工藝舎「怪傑蜃気楼」が復刻された事で新しい読者も増えた事と思います。
    寡作ですが、非常に魅力的な作品を描く作家です。 (2002/10/06)
    GOOD!1
  • 谷弘兒作品を読みたいけど、中古本が少なく、状態が悪いものでも料金が高価であるから (2015/07/12)
    GOOD!0
  • 読みたいため (2008/05/14)
    GOOD!0

もっと見る

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

NEWS

  • 2002/10/06
    『地獄のドンファン』(谷弘児(谷弘兒))の復刊リクエスト受付を開始しました。

この本に関する情報を提供する

この本の情報を復刊ドットコムまでお寄せください

詳しくはこちら

復刊実現の投票はあなたの投票から。
復刊リクエスト投票であなたの思いを形にしましょう!

復刊リクエストTOPへ

T-POINT 貯まる!使える!