1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『ちびくろさんぼ(ヘレン・バンナーマン)』 投票ページ

ちびくろさんぼ

得票数
1,123票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ちびくろさんぼが散歩中トラに出会い、衣服を奪われるが、機転を働かせて取り戻す。後半に双子の弟が登場する話も収録されている。

投票コメント

子供の頃に読んですごく面白いと思ったのに、黒人差別だとの噂以来全く見かける事がなくなって残念に思った。子供の心に差別と言う言葉もなければ、黒人が差別されていると言う認識もなく純粋に面白いと思って読んでいるのに、大人が黒人差別と声を上げたせいで、逆に黒人は差別される人種なんだと理解したのを覚えている。 トラがバターになってしまうところまでしか読んだ事がない上に、最初からの内容もうろ覚えになってしまってるので、ぜひ復刊して読ませてほしい。 (2015/10/07)

5

ステレオタイプな黒人描写で物議をかもしましたが、だからといって主人公の名前やキャラクターまで変えてしまうような改変・改作はおかしいでしょう。ぜひとも原本のままで復刻していただきたい。 トラがバターになる!そしておかあさんがホットケーキを焼いてくれる。169枚も食べられる、おいしそうな表現を再現してください。 岩波版でも版を重ねる時に訳文が変わっています。オリジナルでの復刻を期待します。 (2016/10/19)

3

今では 差別語になり なかなか使えない ちび と くろ という言葉が 題名で どうどうと かかげられていて でも 卑屈さも 悲しみも 同情もなく ただただ 無邪気に 木のまわりを ぐるぐる まわると バターに なってしまう奇想天外な お話が さらっと 素直に 笑うことができるので とても 子供心に 深くのこっています 黒人という 未知のひとと 南のくにの 木の高さ すぐ虎に出会ってしまう自然環境が より想像力を 駆り立ててくれました 幼い子供には 是非 生涯に1度ぐらい 読み聞かせてあげたい本です (2012/09/07)

2

黒人の子が英雄になる話 黒人が英雄になってはいけないとの差別から廃刊されたのでしょう 子どもなのだからチビで黒人なのだからクロこれのどこが差別なのだろうか? 大人になった英雄さんぼの続編もあってもいい (2019/01/24)

1

小学生の頃、忙しい母が布団に入る時に読んでくれた、心にのこる思い出の本です。自分も母になり、何冊も子供に絵本を読み聞かせしましたが、このチビクロサンボを読めなかった事が心残りです。孫ができたならその時には、読み聞かせできたら…と、そう思います(o^^o)楽しみに待っています。 (2018/10/05)

1

もっと見る

新着投票コメント

こどもの頃に好きでした。自分の娘にも是非読ませたい一冊です。 (2019/05/18)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ちびくろサンボ ヘレン・バナーマン 著 / フランク・ドビアス 絵
864円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

読後レビュー(11件)

  • 懐かしい

    ゆりあ 2018/09/18

    家に絵本があってトラがバターになるのが面白くて何度も読んだ記憶があります。
    大人になっても覚えているので印象深い作品です。

    1

  • 発想が良いです

    まさ 2018/08/22

    幼い頃に、絵本で読んだことがあります。
    トラがバターになる、という発想は 当時新鮮でした。
    大人になってからは 目にする事がなく、残念です。
    差別、という話は 後になってから知りました。
    でも 今の子供たちにも読んで欲しい楽しいお話です。

    0

  • ホットケーキを食べたくなる

    バニラ 2017/08/25

    ヘレン・バンナーマンさんの「ちびくろさんぼ」が通常読めなくなったのが不思議で、古書店で入手したのを覚えています。岩波以外にもいろいろ出ていてこちらならありますよ、と勧められましたがやはりこの絵がよかった。色彩も鮮やかで、特に最後ぐるぐると虎が回転してバターになるところは、圧巻でした。やま積になったホットケーキを家族でおいしそうに食べているシーンはよだれが出ます。

    0

  • 授業で

    田中ささ 2016/02/03

    大学の授業で児童文学を専攻した際に読みました。絵本ですがなかなか深い。
    色彩も綺麗で鮮やかなので見ていて楽しかったです。

    0

  • 子供ながらにバターに憧れて

    ひい 2015/04/19

    人種差別に関わる本だとは大人になってから初めて知りました。
    トラがなぜバターになったのか、小さいころ(今でも・・?!)はよく理解ができませんでしたが、独特でカラフルなイラストと変わったお話でとても印象的な絵本のひとつです。
    子供ながらに、バターがとてもおいしそうで、また、”バター”ということばの響きや、絵(視覚)から入ってくる”とろけていい香りのするもの”というイメージを深く刻んでくれたのも、このわずかたった1冊の絵本でした。写真ではなく絵なのに、バターの美味しさを、あれだけ当時小さかった、バターとは外人さんほど縁のない日本人の私に良い意味でダメージを与えてくれた、本当に想像力を働かせてくれるおもしろい絵本です*

    1

もっと見る

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/10/04
『ちびくろさんぼ』が1,100票に到達しました。
2017/01/14
『ちびくろさんぼ』が1,000票に到達しました。
2015/10/16
『ちびくろさんぼ』が900票に到達しました。
2014/05/24
『ちびくろさんぼ』が800票に到達しました。
2014/05/13
『ちびくろサンボ』販売開始しました!
2012/09/10
『ちびくろさんぼ』が700票に到達しました。
2008/05/29
新刊!ヘレン・バンナーマン『ちびくろ・さんぼ3巻セット』
2008/03/21
復刊!岸田衿子 作 堀内誠一 絵『復刊傑作幼児絵本シリーズ13 おにまるのヘリコプター』
2008/03/21
新刊!文 こじま よしみ 絵 かも なおき『ちびくろ・さんぼ3』
2005/07/13
遂に完全復刊!『ちびくろさんぼ2』予約開始
2001/04/24
『ちびくろさんぼ』が規定数に到達しました。
2000/07/28
『ちびくろさんぼ』(ヘレン・バンナーマン)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2001/12/04
残念ですが…
ブッキング発売の提案で、再交渉するも、やはり不可。
(交渉先:出版社)
2001/06/19
残念ですが…
復刊ドットコムにご投票頂き、ありがとうございます。
皆さまにリクエスト頂いた書籍は、残念ながら、私たちの力が及ばず
当面の復刊が難しい状況となりました。私どもとしても、表から裏から、
簡単には諦めずに手を尽くしましたが、どうしても出せぬ事情が存在し、
その願いはかないませんでした。非常に無念です。いつの日か、この状況が
変わらないとは限りませんので、投票はこのまま預からせて頂きますが、
当面は本報告やむなしという状況になりました。われわれの非力を、心より
お詫び申し上げます。今後とも、一層の精進を重ね、著者と読者が復刊とい
う場で出会えるよう努力いたしますので、これまでに倍するご指導、ご鞭撻
をお願い申し上げて、ご報告にかえさせて頂きます。

------------------------------------------------------
差別表現問題で岩波としては刊行不可とのことです。
------------------------------------------------------
2001/04/24
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
交渉スケジュールが決定次第ご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本さがしています!キーワード:雲の上の男の子 / 鳥 / 海の底に住んでいる女の子

今から20~25年ほど前に、知り合いから頂いた絵本をさがしています。 うろ覚えなためキーワード程度になりますが、 登場人物は、雲の上に住んでいる男の子(王子?)と鳥(つばめ?)と海の底に住ん...

TOPへ戻る