復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

エクソダス(栄光への脱出) 全2巻

投票コメント

全119件

  • 母から是非読んでおけと薦められました。
    現在も解決していない問題を見つめる糸口として、今こそ触れておきたい本です。
    こういった名著が絶版になってしまうのはとても惜しいと思うので、復刊を希望します。 (2014/05/05)
    GOOD!1
  • 映画の壮大なテーマ曲は前から好きだったが、内容はモーゼの出エジプト記とずっと勘違いしており、比較的現代の話である事、原作がある事を、恥ずかしながらつい最近知った。イスラエル=アラブ紛争の起源を描いた話として、非常にそそられる。ぜひ読んでみたいが、図書館にもないので復刊を希望する。 (2010/04/25)
    GOOD!1
  • 「エクソダス」は 自分の大切に想っている人が愛読した作品であるということを知った時以来 ずっと読みたいと思っていた作品です。
    今回 この復刊リクエストにエントリーされているばかりか 既に交渉段階まできていることを知り 遅ればせながら一票投票させていただきました。
    内容は勿論 ページ数的にも大作との事ですので 図書館で借りて 期限を気にしながら読むのではなく 是非入手して 色々な想いを噛み締めながら 大切に大切に読みたいと思いますので 是非復刊して下さい。 (2003/06/06)
    GOOD!1
  • 35年前の高校の時読み、涙なくしては読むことが出来ませんでした。
    感受性豊な若さゆえだったのか、としを重ねた今、もう一度読み返し、今の年齢では何を感じるか確認したい。神に選ばれた民ユダヤ人の今の現状を少しでも理解したいので。絶対に復刻を願う。 (2003/05/16)
    GOOD!1
  • 興味をもったきっかけは勿論「あの作品」です。ホロコーストの
    頃を書かれたは沢山ありますが、現イスラエル建国をあつかった
    小説というのはあまり他に例をみないのではないでしょうか。是
    非とも読んでみたいです。 (2003/02/15)
    GOOD!1
  • きっかけは「サイボーグ009」内での引用からですが、読んだことのある方の感想を読んで、ぜひ自分で読んでみたいと思いました。ユダヤ人が祖国を建国する流れをユダヤ人側から書かれた物語というのは、意外に少ないのではないでしょうか。民族紛争が激化する今日において、こうしたテーマの本は繰り返し読まれる必要があると思います。ぜひ復刊を希望します。 (2002/04/30)
    GOOD!1
  • どんな内容かはあまりわかりませんが、読んでみたいと思っています。実はこの復刊ドッドコムで少し内容レビューをかいてあったので興味を持ちました。(一部の部分しか知らないんですけどその部分がよかったので今度は全部読んでみたいです) (2002/04/28)
    GOOD!1
  • やあみなさん、ごきげんはいかがです
    ところでイスラエルは中東屈指の武器輸出国ということは、
    あなた方もごぞんじの上で投票されていることとおもいます。
    世論の反発が強まり禁輸措置をとられては、兵器の製造によ
    って利益を得ているイスラエルがこまることとなります。

    なぜ、それほどの防衛力が兵器産業が必要となったのか、
    過剰なまでの愛国心がいかにして形成されたか、
    その答の一端がこの本によって理解できると思います… (2002/04/27)
    GOOD!1
  • とある漫画の登場人物が読んでいたこと、読んでいた一節が気に入ったこと、そして、ユダヤ人というものを改めて知ることができること。彼らが何故迫害され、閉じ込められなければならないのか?自由とは何なのか?脱出の末に見るだろう希望は用意されているのか?今の世において考えなければならない問題と、そのヒントがこの1冊に託されていると考えたから。 (2002/04/23)
    GOOD!1
  • 内容に興味があるので。
    出版された場合には、必ず自分も購入します。自分も是非読んでみたいと思っていたのですが、どこにもなく、オークションや古本屋で探しても見つかりませんでした。それなので、復刊される可能性があるのならば、復刊して欲しいです。お願い致します。 (2002/04/22)
    GOOD!1
  • 「生まれてこのかた‥‥愛するものが殺されるのを見つづけてきた。
    ‥‥‥‥‥みんな死んでしまった。
    みんなといっしょにぼく自信も死んでしまった。ぼくはもう何十回も死んだのだ。
    もうからっぽになってしまった。‥‥‥‥もうなにものこってないのだ!
    ‥‥‥‥毎日毎日くりかえしかりかえし生きるために戦う‥‥‥‥なんのために?」
    ↑このセリフを某所で知り、本来はどんな場面で使われていたのか非常に知りたくなりました。あまりに重すぎる言葉ですが、舞台がユダヤ人収容所となれば、話は別です。アウシュビッツを舞台にした「夜と霧」でも感動したので、ぜひ「エクソダス」も読んでみたいです。 (2002/04/21)
    GOOD!1
  • 以下は本の中の台詞です。『生まれてこのかた‥‥愛するものが殺されるのを見つづけてきた。
    ‥‥‥‥‥みんな死んでしまった。みんなといっしょにぼく自身も死んでしまった。ぼくはもう何十回も死んだのだ。もうからっぽになってしまった。‥‥‥‥もうなにものこってないのだ!‥‥‥‥毎日毎日くりかえしかりかえし生きるために戦う‥‥‥‥なんのために?』この疑問に、この本がどのような答えを用意しているのか知りたい。答えがなくてもこの本を読んで、その事について考えたいと思っています。 (2002/04/21)
    GOOD!1
  • この本の存在を知ったのは殆どの皆様と同様、「サイボーグ
    009」というマンガがきっかけです。このマンガからは今まで
    も様々な世界情勢(ベトナム戦争、東西冷戦など)に関心を持つ
    きっかけを与えて貰いました。そして、そのような人間は私だけ
    ではないと思います。今、「サイボーグ009」が再アニメ化さ
    れ注目されているのをきっかけに、イスラエル・パレスチナ問題
    を考える人間が増える…傍から見れば失笑されるかもしれません
    が、そんな事があっても良いのではないかと思います。 (2002/04/21)
    GOOD!1
  • 最近買った「サイボーグ009」の文庫本で004ことアルベルト・ハインリヒが好きだったという設定の本がこの「エクソダス」という本だということを知り、是非読みたいと思いました。
    004はこの「エクソダス」に出てくる台詞を言うのですが、その台詞がとても素敵だったのと、自分はとても004好きなので、今すごく読みたいです。 (2002/04/21)
    GOOD!1
  • 現在イスラエルが緊迫しているこの時期こそ、出版して日本人にも読んで欲しい本。
    イスラエル建国の経緯が分かりやすく描かれている。イスラエル人がここまで自己防衛をするに至った理由がつぶさに分かるではないか。
    この本は欧米諸国では数え切れないほど版を重ね、一般に認知されている(例えばドイツでは駅の本屋でも買えた)が、日本ではユダヤ人問題への認識が薄すぎる。 (2002/04/19)
    GOOD!1
  • 図書館にもありますが、どこも状態が非常に良くありません。
    もちろん復刊を希望する理由の最たる物はその掛け値なしの
    面白さです。歴史の中で、様々に立場の異なる人々のそれぞれ
    の熱い思いが無残に裏切られていく悲しさと、それでも生き続
    ける人々の熱いドラマ。是非多くの人に読んで欲しいです。 (2002/04/15)
    GOOD!1
  • 何故かは知らねど・・・以前にお書きになった方もいらっしゃいましたが、某中央図書館でさえ、1巻1冊のみしか置いていないのです。全2巻だというのに。。。いい作品ということなので是非、を読破するためにも、復刊を願います!! (2002/04/11)
    GOOD!1
  • 昔観た映画の原作だと最近知ったことと、もうひとつ、この『エクソダス』の一説が非常に印象的な場面で引用された作品を読み、是非ともその出典を読みたいと思っておりました。絶版と知ってもあきらめきれずかなり探しておりましたので、復刊の可能性があれば嬉しい限りです。 (2002/04/07)
    GOOD!1
  • 戦いに明け暮れた熾烈な人生に身を置く主人公のラストシーンに心打たれてから早や27年がたち、再びこの本をどうしても読みたいと強く思うことしきりです。

    また、若い方々にもこの本を通して歴史の中で生きた者たちの人生を知ることにより、現在も続く紛争・戦争の報道に少しでも関心を持ってもらえたら、年長の者として嬉しく思います。 (2002/04/05)
    GOOD!1
  • 「サイボーグ009」ヨミ編004のセリフとして有名
    な「好きだった小説」としての1節が使われたのもあり
    ますが、今渦中のパレスチナ問題の歴史を知る一端とし
    て貴重な本と思い是非読んでみたいのですが入手困難で
    すので。
    当時ベストセラー、映画化もされましたし何とか(-人-) (2002/04/04)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!