復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

数理物理学の方法 全4巻

投票コメント

全195件

  • クーランヒルベルトは、微分方程式の扱いを、物理として扱っていくのに必要な背景知識を深くしてくれる本である。変分法や、偏微分方程式の解法なども詳述し、方程式を解いていく時に、戻るべき前提事項を教えてくれる。単なる計算としてではなく、理論のモデル設定や、限界など直面している物理の問題に対してより踏み込んだ考察を与えてくれる得難い一冊。 (2017/01/15)
    GOOD!2
  • ランダウ・リフシッツ理論物理学教程(絶版の巻)のリクエストのなかで、数理物理学の方法 全4巻が名著であるとのリクエストがありました。どちらの版元も東京図書さまですが、東京図書さまが再販されないことを悲しんでおられました。どちらも名著のようで評判もいい。東京図書さまにはがんばって再販してもらいたいです。

    数理物理学の方法の最新版は1995年新装版のようです。正誤表などの心配もあり、古い版でなく、可能な限り最新の版を求めています。全部でも4冊なので、そんなに高くならないでしょう。再販時には絶対に購入しますので再販お願いします。復刊求む!! (2012/01/27)
    GOOD!2
  • 「数理物理学の教科書と言えばこれ」と言うべき名著です。こういった古典的名著を残すというのは出版社の責務なのではないでしょうか。(東京図書は「大学1・2年のための~」「やさしい~」みたいなシリーズばかり最近出していますが,そういう本ばかりではなく,名著と呼ばれるような作品も出版(再版)すべきです。) (2010/01/12)
    GOOD!2
  • 1巻、2巻を大学の2年生のときに読みました。ちょうど線形代数を学んだ直後でした。2次形式の対角化と固有値問題が見事に整理されていて、夢中になって読んだ記憶があります。その当時は3巻、4巻の内容を十分理解できる力はありませんでした。是非もう一度読んでみたいです。 (2009/12/15)
    GOOD!2
  • これこそまさに物理数学の教科書というべき名著です。
    学生の勉強用に留まらず、研究者の”教科書”的役割を担うほど素晴らしい本です。
    この素晴らしい本を途絶えさせないという信念ある出版社の方は、ぜひ積極的に東京図書さんから版権を買い取って販売して頂きたい。値段が倍でも購入したい程です。
    東京図書さんは、復刊しなくて良いので、全部の版権を他社に譲りに出して下さい。

    この様な世界中で教科書として使用されている名著のなかの名著が、なぜ今もまだ絶版なのか訳が分かりません。 (2009/07/14)
    GOOD!2
  • 名著と言われる本書をぜひ手にとってみたい。 (2017/04/14)
    GOOD!1
  • 数理物理学の方法 全4巻は、若いときから勉強したいと思い探していました。神田の古本屋を探したり、ネットでも探したのですがみつからずドイツ語版を購入したのですが私には無理です。是非復刻してほしいと思っています。 (2007/12/10)
    GOOD!1
  • 数学の本は今でも新しいものが何冊も出ているがその多くはこの本の足下にも及ばない
    ような気がします.こういう本で学部生時代に勉強するのがよいと思うので希望しま
    す.学部生にとっては訳本があるというのはかなり大きいことのように感じます. (2006/08/14)
    GOOD!1
  • ランダウ・リフシッツの本と並んで現在最も入手しにくい本です。それだけ人気の高い本です。昔、友人が読破したいと言っていたものです。その当時は全く興味がありませんでしたが、現在はその価値がわかつているので、是非入手したいです。しかし、東京図書の復刊におけるやる気のなさには、呆れてしまいます。 (2005/01/10)
    GOOD!1
  • 物理のための数学(物理入門コース10,岩波書店)の巻末で、一段高いレベルの本として紹介があった。
    前者(物理のための数学)は大学初年の私にも比較的分かりやすかった。その著者の薦める本なので
    他の物理数学の本より購入したい。今は図書館から借りて読んでいるが、色々と不便である。
    授業でも物理数学全般を扱う機会が増えている。以上の理由から復刊を希望。 (2004/05/29)
    GOOD!1
  • この本は物理をやっている人、やっていた人の憧れだと思います。
    (ランダウシリーズもしかず。)
    内容の豊富さ、厳密さは現代でももちろん充分通じます。
    薄くて、お手軽で、スマートにといった数理物理本が多い中、
    かえってクーラン・ヒルベルトのような本を望まれる方が以外に多いのではないでしょうか。 (2004/03/04)
    GOOD!1
  • 確かに難解な本であり、平均的な学生はより易しい本を買うのでしょう。しかし、その易しい本もこれを元にして書かれているのであり、数理物理を深く理解するには結局この本を読まなければならないでしょう。
    世の中には絶版にしてはいけない本という物が存在します。この本もその一つです。 (2002/04/13)
    GOOD!1
  • 物理学の中でも特に量子力学は,様々なモデルに対し
    いろいろな特殊関数が登場します.この性質は数学
    公式集を眺めただけでもなかなか理解できません.
    本書のような微分方程式とその解の性質を詳解した
    本をじっくり読む事により理解が進み,問題の意味が
    分かるかと思います.
    本書では他にも振動の問題や変分法に関する事項など,
    量子力学に至る前の古典力学,解析力学のポイントを
    数学的に押さえています.物理学を学ぶ学生に取って
    これらのポイントをしっかり理解するために,本書は
    必要と思います. (2002/04/11)
    GOOD!1
  • 読み通せるかどうか解りませんが、数学史・物理史に燦然と輝く名著なので。 (2021/09/21)
    GOOD!0
  • 良さそうな本なので一票。
    しかし門外漢でも知っているような往年の名教科書が廃刊っておかしくはないですか?
    少なくともオンデマンド出版で出せばいいと思います。 (2019/02/13)
    GOOD!0
  • 是非続刊も出版して欲しい (2016/01/22)
    GOOD!0
  • 学生時代に読んだことがあり理解しやすかった。 (2016/01/08)
    GOOD!0
  • 名著 (2015/07/03)
    GOOD!0
  • 昔、図書館で借りて、いい本だなって思いながら、買いそびれてしまいました。大学生協で買わなかったのとを本当に後悔しています。
    全巻復刻されたら必ず買います。 (2014/11/30)
    GOOD!0
  • 1巻だけもってる。 (2014/04/15)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!