1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. コミック・漫画
  4. 『狼の星座(横山光輝)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

狼の星座

全57 件

以前所有していて、子供たちも「満州」や「馬賊」に興味を持ったようでした。今は何かと軽視されやすいこの時代の中国東北部を、日本人の馬賊の頭目の目を通じて描いてあるのは貴重だと思います。10年前の転居の際、廃棄せざるを得ませんでしたが、今でも惜しくてたまりません。 (2014/07/16)

1

床屋でたまたま連載中に見つけて以降、毎週立ち読み (当時、週間マンガは購入を禁じられていた。) その後単行本になってから購入も、引越しの際に親に ゴミとして勝手に捨てられてしまった。 中国の歴史やモデルガンに興味を覚えるきっかけとなった。 (2004/05/05)

1

子供の頃に胸躍らせて読んだ記憶があります。 肝心の内容の方は殆ど忘れており、もう一度読みたいので「あばれ天童」と一緒に古本屋で探していますが、全然見当たりません。 もう十年以上探しているのですが・・・ 「あばれ天童」はコミック文庫が出版されたので、そちらを購入する事にしました。 「狼の星座」も同様にコミック文庫で出版して下さい。 よろしくお願い致します。 (2004/04/15)

1

懐かしい!子供の頃夢中で掲載誌(少年マガジン)で読みました。あの時代を背景にした物語では、とかく大陸での日本人の蛮行が語られることが多いですが、そんなこととは関係無く僕等は「ある種のロマン」(これもクセモノなのかもしれませんが)を感じながら読みふけったものです。 (2004/02/16)

1

小学生のころ、横山光輝先生の「水滸伝」を読んで、先生にハマり 自分ではじめて買ったのがKC版「狼の星座」 そのKCコミック版がそろそろ背表紙の糊がヤベーな状況で 高校のころ、版型が大きくなって読みやすくなった KCワイド版を買いなおしたものも読み込んだので 表紙カバーがボロボロ。 古本屋で探せど、なかなか見つからず。 見つかっても、傷みの激しいものがバカ高。 読めるものを手元に置きたいので 復刊されるなら、KCワイド版か、より大きい版型で 分冊数も3か4程度を希望。 一冊なんかにまとめられると 嵩だかで、背表紙がはがれる危険性も増し読めません。 ぜひ、「読める復刊」を! (2004/01/03)

1

まだ小学生だったころに読んで、大切に保管していたのに両親に勝手に捨てられてしまい、ずっとずっと古本屋でさがしていました。今回パソコンを初めて購入して検索をかけたところココにたどり着きました。♪ボクも行くからキミも行け!狭い日本にゃ住み飽きた♪今も小東洋が歌っていたのを思い出します。もし、もう一度読めるならこんなに嬉しいコトはありません。ぜひよろしくお願い致します。 (2003/12/24)

1

いまにしてみたら、満州国とはめずらしい題材ですが、 これから北東アジアが一体化していくにつれ、 無視できない歴史を提示しています。 読み物としても痛快無比。 小さいころ、叔父の家で3巻くらいまで読んで、 最終巻読まんままで出ていったから、どうしても続きが見たい(^^ (2003/06/17)

1

民国初期の時代背景、軍閥、国民党、日本帝国主義の入り乱れた中国の東北(黒竜江、吉林、安寧)での馬賊(中国式用心棒?)の物語です。主人公は、日本人の小日向白朗(小東洋)ですが、当時の様子が身に伝わってくる大作です。 例えば、寒々とした中国東北の風景・気候、馬賊の組織、人民の生活、ディテールで言えば、モーゼル銃が空砲を撃つ開戦の一瞬など。 この時代に関しては、デリケートな問題もあるので、なかなか題材に取り上げられることも難しいのですが、是非、復刊お願いしたく、皆さまの応援お願いいたします。 (2002/09/22)

1

30年近い前に、雑誌連載のころに読みました。「小東洋大ランパ」etc. 懐かしい作です。政治やイデオロギーとは無関係に、満州でのロマンが描かれています。もとになった活字本も読みましたが、もう一度、「絵」を見たいです。 (2002/05/17)

1

最近、続々と発行されている講談社漫画文庫「横山光輝時代傑作選シリーズ」での復刊を、昨年、担当編集者さんに直接要望したんですが・・・、あまり反応が無かったのを覚えております。私もこの作品は大好きですので、ぜひ復刊して欲しいです。 (2002/03/10)

1

連載当時に読んでいたが,単行本は買わなかったので,うっすらとしか記憶していないため。 (2016/10/04)

0

読んだことないんですけど、ファンの間で評価が高いので。 (2005/01/22)

0

雑誌連載中から気になる作品でした。最近になっていざ読もうと探すとすでに絶版。 馬賊を扱った作品としても画期的なものだったと記憶しています。 是非じっくりと読んでみたいと思います。 (2005/01/12)

0

中学生の頃、少年マガジンに連載されていたのを熱心に読みました。 単なる憧れ以上の男女関係の事も、初めて意識させられた思い出深いマンガです。 (2004/12/16)

0

(2004/12/07)

0

満州関連で調べものをしており小日向白郎という人物に行き当たったため、この本を読みたくなった。読むだけなら他にも手段はあろうかと思うが。 (2004/11/15)

0

読みたいです (2004/11/14)

0

興味が有ったので (2004/11/13)

0

近代の中国を横山光輝氏がどう描いているのか、ぜひ見たいので。 (2004/11/01)

0

狼の星座大好きです。もっと人に読ませたい! (2004/10/08)

0

子供の頃見ておもしろかったから・・・ (2004/09/16)

0

ag

ag

もう一度読みたい!! (2004/08/11)

0

この時代背景に特別な興味と思い入れがある為。 また実在する人物の話を、大ファンである巨匠横山光輝先生がどう描いているにも興味がある。 (2004/08/05)

0

学生の頃復刻版全4巻を立ち読み(なのが悲しい)して、後に古本屋で当初版を見つけた時は驚喜したくらい好きだから、是非復刻して欲しいのぅ・・・ (2004/07/25)

0

とても印象に残っている作品です。もう一度通して見てみたいです。 (2004/07/01)

0

是非、読みたいです。 (2004/06/09)

0

as

as

同出版社の「青龍」という漫画に小日向白朗が出てきて興味を持った。小日向白朗の物語を是非読みたい。 (2004/05/31)

0

淡

テレビブロスの特集で知って興味をもちました。 (2004/05/25)

0

TVBROSの特集で知り、是非読みたくなりました (2004/05/17)

0

実在の人物をモデルにした、考証のしっかりとした作品のようです。大陸に興味がある者としては、是非一度読んでみたいですね。 (2004/04/30)

0

全57 件

TOPへ戻る