1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『ルイ十六世幽囚記(クレリー他著)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧

コメント一覧

ルイ十六世幽囚記

全96 件

おもしろそう (2018/10/02)

0

興味があり、是非、読んでみたいので。 (2014/07/08)

0

興味があるので、なんとか読んでみたいです。 (2010/09/03)

0

ぜひ読みたい。フランス革命というととかくアントワネットの事が 取りざたされるが、この人こそ、国王として究極の当事者であった訳だし。 王家に生まれさえしなければ、平凡でも良き男性、良き夫として幸せに 生きられたかもしれないこの人にはとても興味がある。 一番傍で最後の日々を見つめたクレリーの証言には信憑性もあるだろう。 (王に忠実な人だったというから。) (2010/02/03)

1

こんな本があるなんて、知りませんでした!仏革命の知識を深くするものとして、必要不可欠な本ではないでしょうか。ルイ16世視点の革命を是非知りたいです。復刊よろしくお願いします。 (2009/04/26)

0

革命はマリーアントワネットばかりに目が向けられがちであるが 実際の情勢に深いかかわりのあったルイ16世の第一級の資料を基に編纂された本書は他に例がなくきわめて貴重である。 (2008/12/19)

0

フランス革命のさまざまな背景、内容を知りたいため (2008/11/26)

0

彼についてはまだ謎の部分が多い。人柄も周りの人間関係も。十六世ファンとしてもアントワネットファンとしても、ぜひ手にとりたい一冊。 (2007/10/04)

0

めずらしい内容だと思うので、ぜひ読みたいです。 (2007/09/01)

0

面白そうです。 (2007/07/20)

0

長い間愚鈍な国王と言われていましたが、この本には国王としてだけでなく、1人の生身の人間としてのルイが書かれていたように思います。 ルイは国王としては暗君だったかもしれないけど、この本を読み、生身のルイを知ればとてもじゃないけど愚鈍などとは思えないのではないでしょうか。ルイ16世に関する書物は非常に少なく、貴重な一冊だと思います。 私は図書館で借りて読みましたが、旧字や古い表現が多く、辞書を引きながらだったのであまり楽しめませんでした。手元に置いて何度も読みたいので復刊希望ですが、できたら新訳で発刊していただけたら、と思います。 (2007/03/02)

1

ルイ十六世に興味があります。名著だと伺ったので、ぜひ読んでみたいです。 (2007/01/24)

0

aki

aki

学生時代からフランス革命に興味を持っていました。 今まではロベスピエールやダントン、サン・ジュスト等を調べてきましたが、 最近、とみにルイ16世に興味がわき、この本を読んでみたいと思った次第です。 (2007/01/24)

1

数少ないルイ16世の資料であるばかりではなく彼に対する近年の再評価にとっても後世の貴重な資料となりえるものです。 (2006/08/27)

0

有名かつ関連書籍も豊富な王妃アントワネットと比べ,日本ではあ まり見かけないルイ十六世に関する書ということで,この時代の歴 史に惹かれている身としては,是非とも読んでみたい一冊だと思い 投票させていただきました。復刊が実現するのを心待ちにしてお ります! (2006/08/03)

1

マリー・アントワネットの本はたくさんありますが、ルイ16世の人となりが伺い知れそうな本書を、是非読みたく復刻を希望します。 (2006/06/21)

0

とても興味あります。読みたい。 (2006/05/17)

0

何処に行っても置いてないのでどうしても読みたいです。 ルイ16世のことを扱った本が無いのでとても興味があります。 (2006/05/10)

0

近所の図書館や古本屋などで探しても見つかりません。是非復刊をお願いしたいです。 (2006/02/26)

0

この本があった事を知りませんでしたので、是非読みたいです。 革命関係では、王妃を中心とした書物が多い中、ルイ16世や、マリーテレーズの目線で見た本は読んだ事がありませんので、復刊して頂き 読みたいです。 (2006/02/21)

1

ルイ16世に関して興味があるので (2005/12/10)

0

日本にとってフランスは、比較的縁のある国のはず。 でも、例えば…フランスの歴史、文化を、どれだけしっているのでしょう?どれだけ、固定観念を温存させてしまい、自分の中の偏見を育ててしまっているのでしょう? 他国の文化を、専門書に頼ることなく、内容の薄っぺらいハウツー本まがいの(それでいてマジメな体裁だけはとっている)多くの書籍に頼ることもなく、こういった書籍を読みたいのです。 そして、広めて欲しいのです。 (2005/09/02)

1

すごく読んでみたいです。 (2005/07/06)

0

私の知る限り、ルイ十六世はとかく、「鈍重」「臆病」といったイメージがクローズアップされることが多いのです。 妻のマリー・アントワネットを擁護する人は多いのに、夫のルイ十六世はなぜそのようなイメージを強調する人が多いのか?本当のところはどうだったのか?という疑問を感じて、復刊を希望するようになりました。 (2005/05/15)

1

前に一度読みましたが白百合派には大変嬉しい国王側から革命を眺めた名著。是非復刊を。 (2004/10/07)

0

投票後に入手できたのですが、この本やフランス革命を取り扱ったサイトを見ることでかなりルイ16世の印象が変わりました。この本が今一度広まることで少しでも見直されて欲しいという願いを込めて、改めて復刊希望します。 (2004/07/12)

1

あのマンガを読んで、この時代に興味があるのでぜひ復刊してほしいです。 (2004/06/26)

0

フランス革命にすごく興味があるため (2004/06/25)

0

ルイ16世は処刑前の晩年が特に興味深いので。 (2004/05/06)

0

フランス革命を多方面から見る意味で、読みたいです。 (2004/05/03)

0

全96 件

TOPへ戻る