復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

急降下爆撃

投票コメント

全99件

  • 著者のルーデルを知ったのはネットに散らばる動画や小説などに出てくる人物の一人として登場してきたことがきっかけでした。しかし、その創作物においては戦闘狂、トリガーハッピーといえばよいのでしょうか?いわゆるギャグキャラとしての登場ばかりでルーデルの人格とはあきらかに正反対のキャラ、本当の姿を描いて見せてくれる方はほとんどいません。伝説の英雄とまで称されるほどの生きた武人の真実を記した書物がこのまま埋もれてしまうのはいかがなものでしょうか?出来るならば他の方のリクエストにもあるのですが翻訳が古くて読みづらい箇所もあったりするので当時の雰囲気を残したまま修正していただけたら幸いです。 (2015/12/25)
    GOOD!2
  • 第二次世界大戦時に活躍し「破壊神」とまで称されたルデル氏に興味があるため、資料集めの一環として「急降下爆撃」を入手したいと考えましたが、版元でも在庫切れ、今後増版の予定もないらしく、書店や古本屋を探し回っても見つかりませんでした。
    私が通う大学の図書館の蔵書に含まれているのではないかと思い検索してみましたが、800校弱ある日本の大学の中で本書を所蔵しているのはたった10校のみでした。(この10校中に国公立大学は1校も含まれていません)
    初版販売から2015年11月末現在まで10年以上が経過しており、入手が困難を極めることは自明の理です。その上「急降下爆撃」は各種専門書を取り扱う大学図書館にすら無い本ですから、読者数も決して多くはないでしょう。
    しかし本書の著者は唯一ドイツ空軍において勲章を総なめした注目に値する人物であり、彼の貢献はここで語るまでもありません。また本書はドイツ空軍の内情を少なからず描いていることが予想されます。ドイツ空軍に関する研究材料として価値ある書籍ではないでしょうか。
    以上の理由から私はハンス・U・ルデル著「急降下爆撃」の復刊を希望します。 (2015/11/27)
    GOOD!2
  • 最近ネットなどでルーデル閣下について知りました。
    もっと詳しく知りたい、本人が思っていた事を知りたい読みたいと思いましたが探しても見つからず、また訳すのに削ってる部分があると知り完全邦訳版を望んでます。従来のものでも良いです、切実に読みたいのです。 (2019/06/10)
    GOOD!1
  • まだ朝日ソノラマ文庫で出版されていた頃、書店に並んでいて欲しかった本でした。本を買うお金の限られた学生時代だったので、当時は購入しないままで、学研で再版されていたのを知ったのも絶版になった後でした。買って手元に置いて読みたい本なので是非とも再販してほしいです。 (2019/05/09)
    GOOD!1
  • 嘘のような伝説のようなお話をたくさん耳に・目にしているルーデル氏本人の著ということ、恥ずかしながらここで初めて本書の存在を知りました。ぜひ読みたい!
    現在如何に入手困難であるか、入手どころか目にすることもままならないことがここにコメントしてくださってる諸兄のお話でわかりました。
    熱い想いを拝見するにつけ、ますます復刊してほしくなりました。ということで一票。 (2019/05/09)
    GOOD!1
  • 近年、漫画の主人公になる等、また注目度が増している「アンサイクロペディアに嘘を書かせなかった男」の自伝。
    大戦中の急降下爆撃機乗りとしての活躍もそうですが、その生涯自体が嘘のような経歴なので、ぜひ新刊で読んでみたいです。 (2018/07/10)
    GOOD!1
  • 先の大戦でのエースに関する本は多くある。その誰もが、有名になる理由があったが、この人物の場合、特にバカげているような内容が現実であったと聞く。そのバカげている内容については、ネット上でもいくらか確認できるが、やはり自身の書いた文で読みたい。 (2013/12/07)
    GOOD!1
  • 東部戦線にて個人として空前絶後の戦果を叩き出した破天荒な男の自伝
    独→英→日という伝言ゲーム的な経緯で翻訳されたため若干おかしな箇所があるそうだ。おまけに初版は昭和27年。
    復刊してくれるだけでも嬉しいが、その際にはぜひ新訳していただきたい (2013/01/10)
    GOOD!1
  • 最近になって、とある漫画で知って、ネットで調べて好きになりました。
    ネットに掲載されていない話などもあると聞いたので、是非復刊して頂きたいです。
    出来れば、ドイツ語から直接日本語に翻訳した新訳でお願いします。 (2010/04/08)
    GOOD!1
  • ドイツ最高の勲章を、全軍でただ一人受けた男、ハンス・ウルリッヒ・ルーデル。急降下爆撃機スツーカを駆り、怒涛のごときソ連軍戦車部隊を一人で押し返さんばかりの活躍を見せた。
    その自伝は痛快かつ破天荒。
    古書市場でもプレミアつきまくりのこの一冊を、ぜひ復刊希望です! (2008/08/07)
    GOOD!1
  • 作者の逸話を聞いてどういった人物なのかをより深く知りたいため (2022/07/12)
    GOOD!0
  • ルーデルさんの伝記を読みたいので。 (2019/11/27)
    GOOD!0
  • 対戦車急降下爆撃は日米戦では登場しないため、日本人には余り馴染みの無い戦闘領域ゆえ興味があります。 (2019/11/15)
    GOOD!0
  • 読みたい (2019/11/13)
    GOOD!0
  • ルーデル閣下の自筆の本が読んでみたいから。 (2019/11/12)
    GOOD!0
  • 歴史に残る人物の自筆。永久に残すべき。 (2019/11/12)
    GOOD!0
  • 歴史的英雄の生涯の話だからこそ。 (2019/11/12)
    GOOD!0
  • ロンメルとか或いはUボートとかの戦いは、本にも映画にもなっているが、スツーカなどドイツ空軍の戦いももっと知られていいと思う。 (2019/11/12)
    GOOD!0
  • タンク・ハンターという響きに魅力を感じました。 (2019/11/12)
    GOOD!0
  • コメントをみて読みたくなった。 (2019/11/12)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!