復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

岩波講座 現代物理学の基礎(第2版)全11巻

投票コメント

全132件

  • ランダウやファインマンといった海外の偉大な物理学者による包括的な物理学書がある中、この現代物理学の基礎シリーズはそれらに引けを取らない、日本が誇る物理学書だと思います。絶版になっていることが勿体無いです。 (2018/03/06)
    GOOD!1
  • 専門的な勉強をする際に論文よりも内容がまとまった書籍があるならばそちらの方を利用したいです.そのような書籍が「岩波講座 現代物理学の基礎」シリーズであると思います.このような定評のある本は先人の残した財産であり決して絶版にしてほしくありません. (2008/05/24)
    GOOD!1
  • 物理学の基礎知識がしっかりと解説されています。古い本とはいえ、内容が充実しており、物理学を志す大学生・研究者にとって座右の書といえます。偉大な先達の残したこの素晴らしい教科書はわが国の財産であり、是非復刊を希望いたします。 (2006/08/31)
    GOOD!1
  • 図書館では何度か読みましたが、日本の物理をリードしてきた研究者によって書かれた、物理の学生にとって必読のテキストのひとつだと思うので、ぜひ復刊してもらいたいと思っています。個性的でとても面白い巻もあります。 (2006/08/22)
    GOOD!1
  • 現在、古本のセット価格が40000~45000円しますが、復刊書の定価の高さを考えるとこの古本セットを購入した方が賢明ではないでしょうか。仮に全巻が復刊されたとして考えると購入費が80000円は超えるでしょう。このシリーズのメインは3,4巻の量子力学ですが、この名著は古本で16000~18000円します。しかし、以前に復刊されたので古本としてかなり出回っているはずですが、なぜか現在入手困難です。購入者が特にこの量子力学の本の価値を知っているから手離さないのでしょう。私はすでに所持しておりますが、皆さんのためにせめて量子力学だけでも再復刊されることを望みます。本格的で難しいですが、そこいら辺の量子力学書を寄せ付けない風格があります。 (2006/05/27)
    GOOD!1
  • この本の中の特に統計物理学を購入したいと考えています。この本は日本の物理学の中で特異な位置づけにある様に思います。初学者が読むようなタイプの本では無い。ただ、現在院生である僕自身を含めてこういうがっちりとした本を読み込むことは、将来の幅を広げる意味でも重要であると思います。出来るだけ早い時期に復刊してくれることを強く望みます(時間は待ってくれないので)。 (2006/03/03)
    GOOD!1
  • このシリーズの中で私が特に惹かれたのは以下の点です。

    ・量子力学Iの江沢洋によるブラケットの説明、角運動量の導入

    ブラケットの解説はディラックの本の日本語訳とそっくり、
    もしくは波動関数の内積として導入するだけ、になりがち
    ですが、この本は過度な数学的記述を避け、物理学に適切
    な解説になっていると思います。

    ・物性IIの豊沢豊による励起子の説明

    後の本の励起子の記述の元となっている気がします。 (2005/02/03)
    GOOD!1
  • 10巻の素粒子論がとくに復刊してほしいです。内容は、素粒子論の発展が詳しくかいてあり、素粒子物理が今の形に記述されるにいたった経緯が良く分かる。現代的なテキストでは軽くお話にふれるだけであり不満を覚えることが多いので、このようなしっかりと書かれた本をむしろたくさん出版してほしいと思います。 (2004/11/23)
    GOOD!1
  • 「原子核論」:大昔、この本と八木、Roy, Nigamの本で勉強しまし
    た。 原子核物理のテキスト自体が少ないので今でも貴重な一冊と
    思います。この分野を志す人にとって洋書しかないのは残念です。Bohr,Mottelsonの日本語訳も絶版ですね。
    講座全般としての印象は現在の他の物理学講座と比べ重厚な内容で、思想的に統一されている印象を受けます。 (2003/11/12)
    GOOD!1
  • 他の本に出ていない、湯川博士独自の理論のが展開されて
    いる。11巻にある博士の理論、素領域理論については、
    この本にしか博士自信の詳しい解説はないようだ。
    個人的意見だが、空間を離散的に捉えるこの理論、
    今ホットな話題になっている超弦理論をサポートできる
    可能性が考えれ、多くの研究者の目に触れる必要がある。
    是非復刻してほしい。特にこの「素領域理論」を含む
    11巻。このように重要な理論物理の本の復刻が遅れる
    ことは、日本の物理学の発展に悪影響を及ぼしかねない。
    是非、早急な復刻を! (2002/11/12)
    GOOD!1
  • 11巻 宇宙物理学の復刊を熱望します。
    宇宙物理学を学ぶものにとって、和書の中でこれほど広分野に渡り詳しく書かれた本を他に知りません。
    日本の宇宙物理学または理論天文学の発展のためにも是非復刊をお願いします。 (2002/09/28)
    GOOD!1
  • 第十一巻、宇宙物理学を入手したいと常々思っていました。
    いくつかの古本屋を探してみましたが残念ながら現在に至るも入手できていません。
    復刊していただければぜひ時購入したいと思います、よろしく御願いします。 (2002/09/28)
    GOOD!1
  • 前に図書館で1冊を目にして、湯川秀樹の名前に惹かれて手に取ってみましたが、
    ネームバリューだけでなく中身も豊かな良書という印象を受けました。
    こういうしっかりした語り口の本は、基礎固めをしたい人に安心して
    受け入れられるのではないでしょうか。
    Landauと比べていた人がいましたがまさにその通りで、
    プロを目指す学生にとても役立つと思います。 (2002/08/05)
    GOOD!1
  • 日本の物理学のシリーズものとしては最高のものだと思います。自分は物性、統計物理が専門なのですが統計物理学と物性1、2は本当にすばらしい。特に統計は基礎的な問題がじっくりと議論されている日本で唯一の書物だとおもいます。量子力学も良いと聞きます。当時の日本の研究者、教育者の意気込みが伝わって来る「熱い」本。 (2002/07/13)
    GOOD!1
  • k

    k

    確かに古い本ではあると思ふ(30年前に出版されたのもだから)。しかし,『基礎』というものは時間が経ったくらいでそんなに簡単に入れ替わる物ではない。このシリーズが現在の最先端のテーマを扱っていなくても(それは無理な話しだし),それらを理解するための基礎を築くためには十分に有用な講座である。また近年,出版されている物でこの講座に匹敵する物を探すのは難しい。磐石の基礎を築くためにはこの講座が必要である。 (2002/05/26)
    GOOD!1
  • 本の雰囲気がすばらしいです.
    特に,物性I,物性IIは物性物理を勉強するのに
    非常にコンパクトにまとまっって,かつ,
    奥が深いとてもよい本だと思います.
    図書館等で何度か拝見しましたが
    ぜひ手元に欲しいです. (2002/04/16)
    GOOD!1
  • 現在流通している物理学の本は、学部生向けの
    入門書がほとんだと思われる。これでは、一通り
    物理を学んだ人間には物足りない。中には、専門的な
    書物もあるが、それらは細分化されすぎていて
    味気なさすぎる。そういう点で、このシリーズは
    両者を結びつけるのに最適である。研究者にも
    学生にも有益と思われるので1票。 (2001/11/27)
    GOOD!1
  • 第二版があるんですか?この前古書店で、第一版(全部で十二巻あったと思いますが)をみかけ、ふとみるとそこには【湯川秀樹】の文字が…なんかわからないけど感動してしまいました。第二版が、それも講座もので、出ているということは、内容も確かだということでしょう。出版社はこういう文化的遺産とでもいうべき書物を、ジャンルを問わず後世に残していく義務があると思うのですが…是非復刊を!(全部購入できるかはわからないけど) (2001/06/28)
    GOOD!1
  • 岩波では、定期的に物理学講座を刊行しているのですが、新しい物理学講座はなかなか出てきません。 (2014/05/17)
    GOOD!0
  • この前、教授の研究室に行った時、この本の初版がおいてありました。

    少し見せて戴いたのですが、成程名著と言うだけある本だと思いましたので、復刊に投票させていただきます。 (2011/08/05)
    GOOD!0

T-POINT 貯まる!使える!