復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

甲状腺がんなんて怖くない

投票コメント

全101件

  • 私自身が甲状腺疾患になり、勉強の為に読まざるを得ない状況になったのですが、こちらの本が絶版とのことでショックを受けました。知人から著書である医師を薦められていることもリクエストの理由の一つです。なんとか復刊していただきたく投票をしました (2010/03/17)
    GOOD!1
  • 私本人が、甲状腺癌になり、いろいろな本を読みましたが、一番為になりました。なかなか主治医にも聞きにくいことも詳しく書いてあり参考になりました。図書館で借りて読んだので自分の手元にも保存しておきたく思い投稿しました。 (2010/02/15)
    GOOD!1
  • 2010年1月に、母が甲状腺乳頭癌と診断されました。
    担当医は、手術をする必要を主張しましたが、家族で調べたなかに、癌研で経過観察をする治療法に条件が合うと思い、現在セカンドオピニオンの予約をとり待っています。とても混んでいて2週間以上待ちます。
    待っている間は、家族も本人も心配です。少しでも情報を得たいのですが、ままなりません。今後、病気とかかわっていくのに、手元に置いておきたいと思うのです。今後も、この本があれば、救われる方もたくさんいると思うのです。 (2010/02/06)
    GOOD!1
  • 先日、甲状腺乳頭癌の摘出手術を受けました。乳頭癌についてネットにていろいろと情報収集を行いました。ネット上で当書籍の存在を発見し、購入しようと思いましたが、どうしても適正価格にての入手が不可能でした。幸い近所の図書館に蔵書があり、内容を全て確認しましたが、ネットではいろんなところにちらばっている情報が、この本では全ての情報が分かりやすく的確に書かれており、この先長く手元に置いておきたく、ぜひ復刊を希望するものです。 (2009/11/22)
    GOOD!1
  • 甲状腺疾患の患者にとって「甲状腺専門医」の存在は心強いものです。この本によって、自分が受ける検査や治療の意味と有効性について学びました。癌研での診療実績に基づく統計データも、裏づけとなっていると思います。また、杉谷先生の忌憚のない筆致に、自らの病に主導権を持つべく励まされました。知人に一読を薦めたく、復刊を希望します。 (2009/10/12)
    GOOD!1
  • 著者の杉谷先生には先日甲状腺の手術をして頂き、大変お世話になっています。甲状腺がん関係の書籍は、患者数が比較的少ない事と関連してか、大変少ないのが現状です。
    私も、甲状腺がんと言われたときは、大変気落ちしたと同時に大きな不安感が生じたものです。やがて、ネット上の杉谷先生の論理的かつ平易な表現の文章で知識を得て、大きく力づけられました。
    今後、甲状腺がんを患う患者さんのためにも、是非復刊を望む次第です。 (2009/05/26)
    GOOD!1
  • 先日杉谷先生に手術していただき、大変お世話になりました。この先、一生付き合っていかなければいけない甲状腺がんについて、本人・家族が受け身ではなく積極的に情報を得るよう、まずは努力をしなければと思い、探してみると、甲状腺がんの詳細が書かれている本が少ない中、この本は私たちにもわかりやすく、また先生のお人柄がにじみ出ている本でした。是非手元においておきたいので復刊を切に望みます。 (2009/03/03)
    GOOD!1
  • 本書は医師と患者の双方からの視点で書かれているという、他にはない内容で甲状腺ガンというあまり馴染みのない病気を理解するにはとっても親切な本です。手術中の様子もわかります。著者である杉谷医師は患者に対して大変親切に説明をしてくださる方で、そのお人柄も著書に表れており、たくさんの方々に読んでもらいたい本だと思いました。
    私は古本で定価の約3倍の価格で購入しましたが、必要とする人が正規の価格で入手できることがとても大事だと考えます。 (2009/02/10)
    GOOD!1
  • 甲状腺乳頭癌になりました。 不安でたまらない時この本を読んで心が落ち着きました。 無闇に怖がる必要はないとの事。 でも自分自身で状況を正しく理解しなければならないとの事。 細かい図を添えての説明本当に解かりやすかったです。 著者に感謝です。 実家の親の介護で家と実家を行き来しております。 両方の家にこの本を置いてもっと勉強したいと思っております。 (2008/11/24)
    GOOD!1
  • 甲状腺のことで悩んでいる友人に私が以前購入したこの本を
    お貸ししましたら、大変参考になるので是非購入したいとの事なので
    復刊なりますようリクエストします。私も手元にいつも置いておきたいので
    すが友人の所から戻ってこないので困ってます。 (2008/07/06)
    GOOD!1
  • 著者の先生には実際に大変お世話になっております。拝読致しました所、甲状腺癌に関する基本的なことから、実際の治療、そして微小癌に関しては経過観察という選択肢があるという観点から、患者の立場に立った視点でわかりやすく書いてある、大変良い本と感じました。
    甲状腺癌に罹患する方は多い一方で、専門書も少なく患者としてはこのような、甲状腺の基礎から経過観察や手術といった治療法の実際までを具体的に書かれた、すばらしい内容の本が無いことが残念です。復刊して多くの甲状腺癌に悩む方に読んでいただきたく、復刊を希望致しました。 (2008/07/01)
    GOOD!1
  • 私は15年ほど前に甲状腺を全部摘出しなければならなくなり、杉谷先生にお世話になり、今もお世話になっています。自分の周りに甲状腺の疾患を持つ方がいますが、残念ながら甲状腺の専門医は非常に少ないのが現実です。この本はそんな患者達が自分の病気に正しい知識を持ち、正しい医療を受けられる道を示してくれます。 (2008/06/08)
    GOOD!1
  • 4年程前に杉谷先生に甲状腺がんの手術をしていただきました。 
    始めにガンの告知を受けた時には底知れない絶望感に陥り、この本を知るまで夜も寝れない日々を送っていましたが、本を読み甲状腺がんの知識が分かりやすく書いてあり甲状腺がんに対する恐怖もとれ術後も半年ごとに先生のもとに元気に通っています。
    是非、復刊していただき甲状腺がんなんて怖くないって安心してもらえる人が一人でも増えてもらいたいです。 (2008/05/23)
    GOOD!1
  • 私は甲状腺がんで杉谷巖先生の治療を受けているものです。病院備え付けの本書を読みましたが、非常に分かりやすく治療を進める上で元気付けられました。ぜひ購入していつも読めるように側においておきたいと思います。 (2008/05/02)
    GOOD!1
  • 甲状腺癌の手術をしました。先生の著書に出合い今まで解からなかった事がわかり、癌でも大丈夫なのだと不安が和らぎました。
    私にとって、この本との出合いが生きていく希望や勇気につながりました。
    患者さんの為に、復刊をぜひぜひお願いいたします。 (2008/03/03)
    GOOD!1
  • 杉谷先生には大変お世話になりました。甲状腺がんの方はがん患者全体の数からするとそう多くはないのでしょうが、そのかわりに情報も限られているので、病気について不安になることがあるかと思います。この本が復活することにより、多くの情報を得られ、大変励みになると思います。杉谷先生や、本に登場される藤本先生にお会いできて、治療を受けることができて本当によかったと思っています。この本の復刊を切に望みます。 (2008/02/07)
    GOOD!1
  • この事実が書籍になっているのはこちらだけです、私の知る限り。

    そしてこの知識を得ることはどれだけの患者さんや、その可能性のある方々へ多大な希望と生きていくエネルギーを与えることが出来ます。

    これは間違いなく復刊するべきです。

    どうぞ宜しくお願い致します。 (2008/01/29)
    GOOD!1
  • 家族がこの本のおかげで、無事に手術を終えました。
    他の病院ではもっと大掛かりな手術になるといわれていたので、この先生にしてもらってよかったと思います。
    不必要な手術を安易にする病院もあると聞くので、絶版によってチャンスをつぶして欲しくないと思います。 (2008/01/17)
    GOOD!1
  • この本によって不必要な手術を避けることができた患者の一人です。最近同じ病気を診断され、他の病院でやはり手術を受けることになっていた女性と出会い、私が以前購入した本を渡すことができ感謝されました。甲状腺がんと診断され途方に暮れる患者にとっては救いの本です。内容が分かりやすく、他に類のない内容であり、患者さんだけでなく啓蒙書として価値ある本です。 (2007/12/27)
    GOOD!1
  • 2007年11月に甲状腺乳頭がんと診断されました。情報収集をとインターネットで探しましたら、診察をして頂きたい癌研有明病院のHPが甲状腺がんについて、とても詳しく、判り易く、豊富な情報がありました。さらにネットサーフィンをして行くに従い、この本にめぐり合いました。癌研頭頸科の杉谷先生、藤本先生のお名前も知りました。すぐにAMAZON.comで購入し様としましたらすでに絶版でした。たまたまAMAZONで古本が購入できましたので、熟読させていただきました。正直とても勇気づけられました。この病気の患者さん達には、ぜひ読んで頂きたい本です。この本を持参して、癌研有明病院に来年入院します。日本甲状腺外科学会という組織もあり、最先端の研究発表をされています。その予稿集も公開されています。さらに杉谷先生が所属されている癌研有明病院の頭頸科の川端部長は、国立がんセンター名誉院長の海老原先生の『私ががんなら、この医者に行く』小学館 お勧めのお医者様のお一人です。ご参考まで。 (2007/12/04)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!